ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年07月01日 07時00分
密着初日にディレクターの取材に応える前田 (C)MBS 
『第3回AKB48選抜総選挙』も近づいたある日の楽屋にて (C)MBS 
6月24日TOKYO FM「前田敦子のHEART SONGS」収録直前の打ち合わせ風景 (C)MBS 

AKB48・前田敦子に『情熱大陸』が初密着〜放送当日まで取材を敢行!

 人気アイドルグループ・AKB48前田敦子に、人気ドキュメンタリー番組『情熱大陸』(7月10日 後11:20〜 MBS・TBS系)が初密着したことが6月30日、わかった。番組では、多忙を極めるグループ&ソロ活動の模様や、周囲と簡単には馴染めない性格から、ときに誤解を生むこともあるという“素の部分”も放送。さらに先ごろ行われた『第3回選抜総選挙』の舞台裏にも密着した。今回、同番組スタッフの気合も並々ならぬものがあり、放送日当日が前田の誕生日と重なることから「『前田敦子って何なんだ?』ということを色んな角度から見つめて行きます。放送当日まで取材は頑張る予定です!」と気合十分で撮影に臨んでいる。

 2005年のデビュー当時から“絶対的エース”として君臨し、グループをけん引してきた前田。番組スタッフは当初、AKBメンバーの中で誰に密着するかを会議したところ、大多数が前田を推し、「やはりAKBの顔と言えば前田さん」という結論に達し、正式にオファーした。

 取材陣は、今年の5月から密着を開始。同時期から前田がソロ活動を始動させたことから、デビューシングル「Flower」の初披露や、1ヶ月におよそ20冊という驚異的な数の雑誌の表紙撮影、初主演となる映画の初日舞台挨拶、7月から始まる連続ドラマの撮影の様子、そして第3回選抜総選挙…。“アイドル・前田敦子”から、単独の“女優・前田敦子”への移行期をカメラが追った。

 さらに番組では、前田のパーソナルな面にも深くコミットする。仕事に集中するあまり、自分の世界に入り込んでしまい、無愛想に見えてしまうことに、少なからず悩みを抱えていることを吐露する前田。「私ってきっと嫌われやすいのかなって思うんです。でも私はきっと、わたしの事を好きって言ってくれる人も沢山居てくれるんだろうなって思うんですけど…その分きっと『嫌だあの子(前田)』と思われる事も多いんだろうなって思います」と心境を明かす。さらに「負けず嫌いです私、負けない気持ちは人一倍持ってます(笑)」と自身を奮い立たせる。

 同番組の大島新プロデューサーは、今回の取材を通じて「前田さんは時々無愛想といわれたり……秋元さんもよく『俺のメールに返信して来ないのは前田だけだ』というけれど、彼女には仕事の現場現場で“自分のスイッチ”があると思うんです」と前田の性格を紐解く。さらに「にこやかな前田さんもいれば、スイッチが入れば近寄りがたくなる、人を寄せ付けないものがある。そういう時には誰も近寄れない…そんな一面がある」と、そのプロフェッショナルな姿勢を賞賛した。

 「自分はアイドルだからって、甘えて逃げてる部分はある…」と番組で前田自身が語るように、ストイックに生きざるを得ないトップアイドルの孤独や、トマトが大好きでコンビニ巡りがストレス解消という、どこにでもいる19歳の“女の子”な一面など、さまざまな前田敦子を映し出す今回の『情熱大陸』。総選挙という名のもとに、決定的な順位が付けられるなかで、常に勝利を義務付けられてきた“前田敦子の強さ”が垣間見れるはずだ。

AKB48総選挙『選抜メンバー40人フォト&交錯したドラマをレポート』

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。