ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年07月01日 09時00分
インタビューに応じたEarly Morning (C)ORICON DD inc. 
(左から)生野陽子アナ、中野美奈子アナ、加藤綾子アナ (C)ORICON DD inc. 
Early Morningの爽やかなアーティスト写真 

フジ女子アナユニット“アリモニ”が新たな野望!? を語る

 フジテレビの中野美奈子アナウンサー、生野陽子アナ、加藤綾子アナによる3人組ユニット・Early MorningがこのほどORICON STYLEのインタビューに応じ、3rdシングル「少しずつ 少しずつ」(7月6日発売)の誕生秘話、アナウンサー業とアーティスト活動両立の思いなどを存分に語ってくれた。偶然にも中野アナはソプラノサックス、生野アナはフルート、加藤アナはピアノと、3人とも楽器経験者。三重奏での演奏を意識しながら中野アナは「ずうずうしかもしれませんが木10枠のドラマとのコラボ挿入歌でもいけるかもって(笑)。野望は大きくです!」と意欲を見せた。

 Early Morning は、2008年に当時フジテレビの局アナだった高島彩アナと中野美奈子アナの2人によるユニットとしてデビュー。高島アナの退社をうけ、新たに生野アナ、加藤アナが加入した3人体制となり、3人による作詞、加藤アナ作曲で生まれた3rdシングル「少しずつ 少しずつ」が誕生した。

 音大卒とはいえ、今回本格的な作曲に初挑戦した加藤アナは「ポップスは初めてで本当にゼロからでした。かなり追い詰められまして、最初は泣きそうでした(笑)」と振り返る。さわやかな曲調は歌詞にもピッタリで、中野アナは「あの短期間でこの完成度で作れるっていうのは、子供のころからの音楽に携わってきた才能」とべた褒め。生野アナも「感動しました。“等身大”を映し出したみたいな曲だから、いろんな人たちに共感してもらえたら嬉しいです」とアピールした。

 2ndシングルでは槙原敬之とコラボしており、今後コラボしたいアーティストを聞いたところ加藤アナが「私は“いきものがかり”さんです。今回の新曲も、“いきものがかり”さんをイメージしながら書いたんですよ!」。それを聞いた中野アナは、すかさず「そんなことになったらすごく嬉しいよね! 何かサプライズが起こって“いきものががり”さんが歌ってくれたら感動して泣いてしまいそう」とラブコールを送った。

 アリモリへの想いを、中野アナは「アナウンサー業を軸として、アリモニでは仕事をする女性の大変さなどをみなさんと共感できればいいと思っています」。加藤アナは「アナウンサーって自分の素を見せる部分があまりないんです。中立の立場でいるなかで、自分が培ってきた個性をちょっと見せられる活動がアリモニなのかも……」。生野アナも「アリモニでは、皆さんの心のよりどころになるような歌が出来れば嬉しいですね!」と、三者三様明かす。働く女性への応援歌である新曲で、今後音楽シーンにどのような渦を巻き起こすのか注目だ。

【特集】新生Early Morning『“アーティスト”としての野望、女子3人の関係性とは?』

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。