ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年06月28日 10時00分
上半期“ブレイク俳優”ランキング、1位に輝いた向井理  
2位の岡田将生 (C)ORICON DD inc. 
上半期は人気子役たちも大活躍! 上位にランクインした(左から)鈴木福、濱田龍臣 (C)ORICON DD inc. 

上半期ブレイク俳優、1位は向井理 〜鈴木福ら子役陣も台頭

■ランキング表はこちら

 2011年も間もなく後半戦へ突入。そこでORICON STYLEでは、この半年間を振り返り『上半期に最もブレイクしたと思う若手俳優』について、10代・20代の男女を対象としたアンケートを実施。1位には、昨年のNHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』で一気に知名度を上げ、この上期も映画『Paradise Kiss』や初の舞台出演など、さらなる飛躍の道を辿った【向井理】が選ばれた。この結果を受けた向井は「このように多くの皆さんに選んで頂けてとても光栄です。これからも日々精進して参ります」と喜びつつも、下期へ向けて襟を正す。また、上位にはドラマ『マルモのおきて』(フジ系)で人気を博す【鈴木福】(7位)、TOP10外ではあるが【濱田龍臣】の名前が挙がり、子役たちの活躍も目立つ結果となった。

 昨年の『ゲゲゲ〜』をきっかけにブレイクした向井だが、今年になってもその勢いが止まらない。2月に初舞台『ザ・シェイプ・オブ・シングス〜モノノカタチ〜』で“カッコ悪い男”を演じたかと思えば、公開中の『パラキス』では相反して女性の願望が詰まった“パーフェクトな男”を熱演。さらに、NHK大河『江〜姫たちの戦国〜』では、ヒロインの夫役で時代劇に初挑戦するなど新たな一面を覗かせた事で、「どんどん輝きを増していると思います」(大阪府/20代/女性)と支持を得た。甘く端正な顔立ちはもちろんだが、振り幅の広い演技力も支持される要因となったようだ。

 そんな向井に下期への目標を尋ねると「大河ドラマの出演も始まり、9月には初主演映画の公開も控えているので、より一層頑張ります」と意気込む。スカウトを受けバーテンダーから一変、人気俳優へと躍り出た“シンデレラボーイ”の今後の活躍に注目したい。

 続く2位には、映画を中心に活躍中の【岡田将生】が登場。昨年公開の映画『告白』、『悪人』でタイプの異なる役どころを見事に演じ分け、今年の『第34回 日本アカデミー賞』では優秀助演男優賞を受賞。実力派イケメン俳優として、女性はもちろんのこと「作品の中でしっかり存在感があるので好印象」(山形県/20代/男性)と男性からの人気も高い。3位にランクインしたのは【溝端淳平】。この上期も、ドラマ『BOSS』(フジテレビ系)や映画『高校デビュー』など、注目作への出演で俳優としてまた1つ階段を上ったほか「よくテレビで見て、熱意ある俳優さんだと感じるから」(愛媛県/10代/女性)と、草食化が目立つ“今ドキ男子”の中ではめずらしい熱い男キャラでバラエティ番組でも輝きを放っている。

 上半期を振り返る中で、子役たちの活躍も忘れられない。7位の【鈴木福】は、これまでに映画『ゴールデンスランバー』、『ちょんまげぷりん』など、多数の映画やドラマに出演、弱冠7歳ながら“役者”として長い経歴の持ち主。そんな彼を一気にスター街道に押し上げたドラマ『マルモ〜』では、あどけない演技と元気いっぱいの“マルモリダンス”が視聴者のハートを射抜き、共演の芦田愛菜と共に茶の間の人気者に。昨年NHK大河『龍馬伝』で“福山龍馬”の幼少期を演じ注目を集めた【濱田龍臣】は、今年に入ってからアニメ映画『少年マイロの火星冒険記 3D』の主人公をはじめ、ドラマにCMにと次々活躍の場を広げている。

 年齢・キャリアともにさまざまな若手俳優が活躍した上半期。残り半年も名前の挙がった彼らはもちろん、新進気鋭の“若い才能”が花開くかに注目したい。

【調査概要】
調査時期:2011年5月27日(金)〜6月1日(水)
調査対象:合計800名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代の男女各200名)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査

⇒2011年上半期ランキング
新進気鋭“若手ブレイク女優”1位は?“最も歌われた”カラオケ曲1位は…漫画や料理本… 本の売れ筋No.1は?

⇒昨年のブレイクをさかのぼる…
2011年 期待の女優・俳優2010年の顔2010年上期ブレイク女優俳優芸人



順位 名前/プロフィール CLICK!
写真一覧
活動経歴
向井理
岡田将生
溝端淳平
松坂桃李
菅田将暉
松山ケンイチ
鈴木福
高良健吾
三浦春馬
瀬戸康史

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。