ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年06月24日 06時00分
V2を達成した天達武史 
同ランキング常連の石原良純は2位に (C)ORICON DD inc. 
昨年8位から大躍進した3位の柏木由紀 (C)ORICON DD inc. 

『第7回 好きなお天気キャスター』天達武史がV2 〜AKB新勢力の柏木由紀も大躍進

■ランキング表主なコメント一覧はこちら

 日本各地で天気が変わりやすいこの季節、天気予報に一喜一憂する人は少なくないことだろう。そこでORICON STYLEでは、今回で7度目となる恒例の『好きなお天気キャスター/気象予報士ランキング』を発表。昨年に続き1位には、“あまたつ”の愛称で親しまれる【天達武史】が選ばれ見事V2に輝いた。また、今回躍進を遂げたのは3位にランクインしたAKB48の【柏木由紀】。奇しくも先日開催された『第3回 AKB選抜総選挙』と同じく昨年8位からのジャンプアップで、アイドルとしてはもちろん“お天気お姉さん”としての地位も確実に築きあげている。

 2007年2月から情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)のお天気キャスターとして活躍中の天達。確かな知識に基づいた“お天気雑学”を交えながらの解説や、物腰の柔らかい紳士的なキャラクターで「分かりやすくて楽しい! 明るくて毎朝元気をもらっています」(石川県/30代/女性)と“朝の顔”として定着している。また、彼を語る上で欠かせないのが同番組のメインキャスター・小倉智昭とのユニークなやり取り。「天達さんのホッとする人柄の良さはもちろん、小倉さんとの絡みも楽しくて好きです」(東京都/20代/女性)というように、その名コンビぶりは幅広い世代から支持を得るポイントとなっている。

 この結果を受けた天達は「そうそうたる方々のなかで僕なんかが……。たくさんの応援をいただき、本当にみなさんに感謝しています」と恐縮しつつも喜びのコメント。そんな“天気の達人”に気象予報士の魅力について尋ねてみると「どんなに理論立てても(天気が)100%当たることはなくて、いかに100%に近づけるかがおもしろいんです」と語る。「日々勉強」しながら番組に挑むという彼の天気予報は、今後も視聴者の強い味方となりそうだ。

 昨年から大きく順位を上げた3位の【柏木由紀】は、09年3月から情報番組『ひるおび!』(TBS系)にお天気お姉さんとして出演。起用当時は、なんと“現役高校生”での大抜てきだった。AKBでは、チームBのキャプテンを務める立場とあって「話し方がハキハキしていてわかりやすい」(東京都/10代/女性)と、その才能はキャスターとしても開花。“ファン思い”で知られる柏木の親しみやすさ、悪天候にも負けないような爽やかな笑顔が支持され「一生懸命伝えようとする姿にキュンとする」(埼玉県/40代/男性)、「カワイくて癒されます」(兵庫県/10代/女性)と、男性はもちろん女性たちのハートも射止めている。

 一方、06年の同ランキング開始以来、常に上位を維持している【石原良純】は今回2位に。『FNNスーパーニュース』(フジテレビ系)の天気コーナーは、「楽しくてわかりやすい」(群馬県/30代/女性)と大好評。その解説の“おもしろさ”で、前回4位から順位を上げている。また、常連組が根強い人気を見せるなか、情報番組『情報7days ニュースキャスター』(TBS系)で活躍中の【松本あゆ美】(8位)、スポーツ番組『Going! Sports&News』(日本テレビ系)で深夜に華を添える【佐藤ありさ】(9位)がともに初TOP10入り。両者、お天気お姉さんとしての活躍のほか、こちらもMCとの絶妙な“掛け合い”が人気の決め手となっている。

 第7回を迎えた今回は、ベテラン勢からフレッシュな顔ぶれなども続々と名を連ねバラエティに富んだ結果となった。良し悪しでその日の気分さえも左右しかねない天気。寄せられた声を読み解いていくと、1位の天達しかり上位の共通点として、的確なお天気情報はもちろん、司会者と共に番組を盛り上げる話術や親しみやすいキャラクターが、必要不可欠な要素であることがわかる。東北・関東を中心に各地で“節電”が必至な今年の夏は、例年以上に彼らの活躍が注目されそうだ。

【調査概要】
調査時期:2011年5月24日(火)〜5月27日(金)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女各125名)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査



◆歴代の『好きな女性アナウンサーランキング』結果
⇒ 第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回

◆歴代の『好きな男性アナウンサーランキング』結果
⇒ 第1回第2回第3回第4回第5回第6回

◆歴代の『好きな天気キャスター/気象予報士ランキング』結果
⇒ 第1回第2回第3回第4回|第5回第6回第7回

支持された理由とは? 『第7回 好きなお天気キャスター』主なコメント一覧



順位 名前/プロフィール CLICK!
写真一覧
主な担当番組 活動
経歴
天達武史  『とくダネ!』
 (フジテレビ系)
石原良純  『FNNスーパーニュース』
 (フジテレビ系)
柏木由紀  『ひるおび!』
 (TBS系)
木原実  『news every.』
 (日本テレビ系)
長野美郷  『めざましテレビ』
 (フジテレビ系)
宇賀なつみ  『報道ステーション』
 (テレビ朝日系)
森田正光  『Nスタ』
 (TBS系)
松本あゆ美  『情報7days
     ニュースキャスター』
 (TBS系)
佐藤ありさ  『Going!Sports&News』
 (日本テレビ系)
平井信行  『首都圏ネットワーク』
 『ゆうどきネットワーク』(NHK)

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。