ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年06月21日 18時00分
矢部浩之 (C)ORICON DD inc. 
岡村隆史 (C)ORICON DD inc. 
アントニオ猪木(右)から“闘魂注入”されたマツコ・デラックス (C)ORICON DD inc. 

中居正広&ナイナイが「27時間テレビ」7年ぶり総合司会 矢部は100キロマラソンで私生活ゴールインも?

 人気グループ・SMAPの中居正広とお笑いコンビ・ナインティナインが、毎年恒例の『FNS27時間テレビ』(7月23日 後6:30〜24日 後8:54)で司会を務めることが21日、発表された。中居とナイナイによる総合司会は2004年以来実に7年ぶり。都内で同日に行われた記者発表会では矢部浩之が100kmマラソンに挑戦する企画も明かされ、相方の岡村隆史は「100kmゴールしたら、“ビッグハットさん”(TBS青木裕子アナウンサー)とのゴールインもあるかもしれない」としたり顔をみせながら意気込んだ。

 7年ぶりにあの“トリオ”が帰ってくる。『FNS27時間テレビ めちゃ×2 デジッてるッ! 笑顔になれなきゃテレビじゃないじゃーん!!』と題し、東日本大震災で被災した人々を含めた日本中の人が笑顔になれる番組を放送する。また、7月24日正午に地上デジタル放送へ完全移行(東北被災3県のぞく)するテレビ界の一大イベントをまたぐとあって、地デジ化完了の役割も担う構えだ。

 鼻息荒く100kmマラソン企画を発表した岡村は「7年前に加藤浩次が挑戦し、まさかの87kmでリタイア。リベンジを兼ねて、最高のランナーを用意した」と相方・矢部を猛プッシュ。さらに「本家の24時間で、総合司会してた徳光(和夫)さんが走るので、うちも司会をぶつけていこうと思った。矢部浩之、21年目にして初めてスポットライトが当たるんです」と、その狙いも明かした。

 マラソン挑戦企画のほか今年は、『めちゃイケ』の人気コーナー「歌へた」をFNS社員バージョンで展開し、「歌へた」なオードリー・若林正恭ら“一流ミュージシャン”との共演も実現する。また、岩手県と福島県にSMAPメンバーが分かれて訪れ、「出張ビストロSMAP」と題して料理を振舞ったり、明石家さんまが宮城県で「復興トークライブ」を開催するなど、豪華ゲストの出演やスペシャル企画が目白押しの内容になっている。

 会見にはそのほか、フジテレビアナウンサーを中心に結成された同番組を盛り上げる「めちゃデジ・スマイルズ」もお披露目され、生野陽子アナ、加藤綾子アナ、松村未央アナ、山崎夕貴アナ、そしてマツコ・デラックスという布陣。マツコは「嫌いなアナはここにはいない。むしろこの局にいない。サカスの方には2名いるけどね。両方、日曜の朝方に出てる人よ」と矢部ににらみを利かせながら語り、笑いを誘った。

 会見終了間際の開会宣言には、元プロレスラーで燃える闘魂・アントニオ猪木が参戦。同番組には出演しないながらも猪木は「1、2、3、4……27、ダー!」と拳を突き挙げてメンバーを鼓舞し、中居に対してはコブラツイスト、卍固め、さらには闘魂を注入する激励ぶり。中居は「十分気合入ってるのに〜」と嘆き節で、闘魂注入はその後、矢部とマツコにも派生。猪木から闘魂を注入されたマツコが八つ当たりで岡村にビンタをお見舞いするなど、開会宣言の場はプロレスのリングと化していた。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。