ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年06月21日 15時30分
猫ひろし (C)ORICON DD inc. 
理事長のチョモラン氏と「ニャー!」 (C)ORICON DD inc. 

ロンドン五輪に本気で挑戦! 猫ひろし、カンボジア国籍取得に一歩前進

 マラソンで2012年ロンドン五輪出場に向けカンボジア国籍を申請中のタレント・猫ひろし(33)が21日、都内で会見を開いた。同国主要レースで好成績を収め、知名度も高いことから、カンボジアオリンピック委員会(NOCC)のチョモラン理事長は、アジア大会も視野に入れた同国五輪代表への推薦書を猫に贈呈。熱烈なラブコールを受けた猫は「本当にひろし光栄。カンボジアのオリンピック選手団の一員として頑張っていくので、応援よろしくお願いします!」と意気込んだ。

 このまま順当にいくと、カンボジア人・猫ひろし、そしてカンボジア代表ランナー・猫ひろしが誕生する。

 昨年12月の『アンコールワット国際ハーフマラソン大会』では3位、今月16日の『プノンペン国際ハーフマラソン大会』では現役五輪代表選手ヘム・ブンティンに次ぐ1時間16分54秒で2位入賞の快挙を達成。チョモラン氏は「この1年でのマラソン大会での成績やマラソン文化への貢献を高く評価しました。カンボジアのアスリートのよい見本として、これからはカンボジア代表として国際大会に参加していただきたい」と称賛した。

 今年初めにカンボジア国籍を申請した猫は、NOCCからのオファーは国籍取得にあたり“効果大”だといい「100%取得できると信じています」とノリノリ。「オファーを頂いたといっても必ず出場できるわけじゃない。まずは勝たないと」と気を引き締めつつ「ランナーならぬ“ランニャー”として、これからも活躍していきます。背が伸びない分、記録を伸ばしていきます!ニャー!」とポーズを決めた。

 カンボジアではランナーとして知名度を上げている猫だが、無事に国籍を取得した場合も移住はせず、ビザを申請して日本に定住するつもりといい「こっちで仕事は続ける。“外タレ”でギャラが上がるかもしれないので、そういう意味ではウキウキ」と皮算用。今年2月に第1子女児が誕生したばかりだが「妻は応援してくれてる。(国籍が変わったら)自動的に国際結婚になって、子どももハーフってことになりますね」と胸を踊らせていた。

 ロンドン五輪出場という夢を達成すべく、当面の目標は現在カンボジア1位のブンティン選手の自己ベスト、2時間26分超えを目指す。五輪出場ラストチャンスとなる11月にインドネシアで開催されるシーゲームに向け、今後もお笑い芸人と並行して走り込みを重ねていく。

⇒ 猫ひろしオフィシャルブログはこちら!

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。