ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年06月15日 14時00分
目薬『サンテFX』のCMに15年ぶりに出演する織田裕二 (C)ORICON DD inc. 
トークの様子 (C)ORICON DD inc. 

織田裕二が「キターッ!」 サンテFX新CMに15年ぶり登場

 俳優・織田裕二(43)が、「キターッ!」のフレーズでおなじみの目薬『サンテFX』(参天製薬)の新CMキャラクターに15年ぶりに起用され15日、都内で行われた発表会に出席した。1991年の同商品発売から20周年を迎え、初代イメージキャラクターの織田が復活。初登場から実に20年ぶり、96年まで放送された同CMとしては15年ぶりの登場で、織田は「リングに上がるような気持ちで、過去の自分に負けないように『キターッ!』と言ってやろうと思いました」と意識したという。

 ピン芸人・山本高広のものまねでもおなじみの同フレーズ。今も残る強烈なインパクトで“キターッ!=サンテFX”のイメージを決定的にした織田は、今回の新CMでも20年前同様、サンテFXを目に一滴さし、強い清涼感を感じた後に訪れる爽快感を「キターッ!」という叫びで表現している。

 久しぶりのオファーは素直に「嬉しかった」といい、「サンテFXが20年経っても一線にいるというのもだし、当時関わったスタッフから声をかけられたときもまた嬉しかった」と格別だった様子。「CMでどうしてあんな力んで『キターッ!』と言ってるのか」を体感してほしいとアピールし、「日本がまだ大変なときですが、この目薬をさしてまた気合いを入れて、頑張っていきましょう」と呼びかけた。

 CM撮影時は「単純に楽しかったし、思いっきりできた。声が枯れましたが…」と苦笑い。「あんなに大声出すことはないので気持ちよかった」と充実感をみせ「商品立ち上げからご一緒して全部で8パターン撮ったんですが、新たに9パターン目が生まれました。皆さんがこのCMを観て、どんな顔されるのか本当に楽しみです」と21世紀の「キターッ!」に期待を込めた。

 6月25日からは主演映画『アンダルシア 女神の報復』が公開、8月27日からはTBS系『世界陸上』で8大会連続司会を担当。プライベートでは昨年8月に一般女性と結婚するなど、公私共に好調な織田は、1年を振り返り「キタな、という感じです」とニンマリ。注目される第1子については「まだこないですね。いつか来るでしょう」とかぶりを振っていた。

 サンテFXは『強い清涼感で目に爽快感を与える』というコンセプトの目薬として1991年に発売。織田が1996年まで初代CMキャラクターを務め、以降はJリーガーの川口能活、俳優の池内博之、藤木直人玉山鉄二松岡昌宏TOKIO)、岡田将生らCMキャラクターを務めてきた。新CM「Twenty」篇は18日(土)より全国で放送開始。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。