ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年06月08日 17時40分
ネプチューン・原田泰造 (C)ORICON DD inc. 
植木さんの手形に手を重ねる原田 (C)ORICON DD inc. 
(左から)黒部進、星野真里、原田泰造、真琴つばさ、後藤ひろひと (C)ORICON DD inc. 

原田泰造が無責任男を継承「責任持ってやる」

 お笑いトリオ・ネプチューン原田泰造(41)が8日、都内で行われた主演舞台『ニッポン無責任新世代』製作発表会に出席した。所属事務所の先輩にあたる故・植木等さん主演で人気を博した映画『無責任』シリーズを、後藤ひろひと作・演出で舞台化。植木さんが演じた平均(たいら・ひとし)の孫で平成の無責任男・百均(くだら・ひとし)を演じる原田は「植木さんの孫役ができるのは言葉にならないくらい嬉しい。無責任を責任を持ってやらなきゃと思っています」と並々ならぬ熱い意気込みを語った。

 調子がよく、行動はデタラメなのになぜかついていきたくなるかっこいい男を描き、1960年代の高度経済成長期の日本に夢と元気を与えた映画『無責任』シリーズの続編が登場する。工業機器メーカーの税金対策で作られた小さな商社を舞台に、突如現れたデタラメで無責任な男・百均は周囲の人間を巻き込み、みんなを元気にしていく。

 初代ウルトラマン・ハヤタ隊員として有名な黒部進は「久しぶりのストレート芝居にウキウキしつつ、皆さんの足を引っ張らないように胸を借りるつもりで舞台に立ちたい」と控えめ。星野真里は最近自らを無責任だと思った出来事を「今。少し太ってるんですけど『まぁいいか』と思ったところが無責任だと思います」とかわいらしく明かした。

 過去に植木さんとドラマで共演した原田は「センターマン、フンドシ先生と露出度の高いキャラクターをやっていたときで、優しく怒られました。たたずまいが怖いんです。怪物かと思った」と苦笑しつつ「役で褒めてもらったこともあって、嬉しくてお母ちゃんに電話した」と大先輩との思い出を振り返った。

 東京・日比谷シャンテ前、合歓の広場の中央に飾られた植木さんの手形に自らの手を重ねると「今、初めて現実がプレッシャーだと思いました。意外と手がちっちゃいんだなぁ……」とあふれる思いをかみしめていた。

 舞台『ニッポン無責任新世代』は7月15日(金)〜30日(土)に東京・日比谷シアタークリエにて上演。8月から名古屋、大阪、金沢、広島をまわり、東日本大震災チャリティー公演として収益の一部を寄付する。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。