ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年06月02日 18時45分
『第48回ギャラクシー賞』の「テレビ部門」で個人賞を受賞した福山雅治 (C)ORICON DD inc. 
全身ショット (C)ORICON DD inc. 

福山雅治にギャラクシー個人賞「次は音楽で」

 歌手で俳優の福山雅治が2日、『第48回ギャラクシー賞』(放送批評懇談会)の贈賞式に出席。優秀番組や個人、団体を顕彰する同賞の「テレビ部門」で個人賞を受賞し、記念トロフィーを受け取った。福山は「デビューして20年くらい経ってますが、こういった賞は縁がなかった。一つの節目になるような、これを励みに頑張っていこうと思える賞」と喜びつつ、「次は音楽でギャラクシー賞もらえたら。音楽が出遅れたなって思った」と冗談めかした。

 昨年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』や、同局の自然ドキュメンタリー番組『ホットスポット 最後の楽園』の出演が評価された福山は、“最も輝いた人”として同賞を受賞。大河ドラマ主演を経て「たくさんのことが変化した」といい「前は女性に声をかけられることがあったけど、男性からも『龍馬おつかれ』と言われたりした」と、同性からも愛される存在になったと笑いを誘った。

 今回の受賞は「先日亡くなった児玉(清)さんに報告できたら。『龍馬伝』のオファーを受けた時、決めきれず、最後に背中を押してくれた人が児玉さんだった」と感慨深げに語り、同作で龍馬の父親役を演じた児玉さんに感謝の思いを述べた。

『第48回ギャラクシー賞』
テレビ部門
【大賞】 NNNドキュメント’11『夢は刈られて 大潟村・モデル農村の40年』(秋田放送)
【優秀賞】 ダーウィンが来た!生きもの新伝説『アリューシャン クジラと海鳥 世界一の大集結』(日本放送協会、NHKエンタープライズ)、『Q10』(日本テレビ)、ETV特集『枯葉剤の傷痕を見つめて〜アメリカ・ベトナム次世代からの問いかけ』(日本放送協会、NHKエデュケーショナル)
【特別賞】 『相棒』(テレビ朝日、東映)
【個人賞】 福山雅治 大河ドラマ『龍馬伝』、『ホットスポット 最後の楽園』(共にNHK)

ラジオ部門
【大賞】 HBCラジオ開局60周年記念ドキュメンタリー『インターが聴こえない〜白鳥事件60年目の真実』(北海道放送)
【優秀賞】 FMシアター『薔薇のある家』(日本放送協会)、ニッポン放送ホリデースペシャル『ラストイニング 全国高校野球 県予選決勝 聖母学苑対彩珠学院』(ニッポン放送)、『ゴールデンアワー 第一部 第二部』(エフエム沖縄)
【DJパーソナリティ賞】 ピストン西沢 『GROOVE LINE Z』(J-WAVE)パーソナリティとして

CM部門
【大賞】 ソフトバンクモバイル 企業 シリーズ白戸家「出馬依頼篇」「墓参り篇」「選挙カー篇」「街頭演説篇」「優勢篇」「当確篇」「当確インタビュー篇」「後日談篇」 【優秀賞】 九州旅客鉄道 九州新幹線全線開業「祝!九州縦断ウェーブ 特別篇」、東京ガス 企業「家族の絆・お弁当メール」

報道活動部門
【大賞】 『がん患者、お金との闘い』2007年〜2011年 一連の報道(札幌テレビ放送)
【優秀賞】 口蹄疫発生から終息宣言までの一連報道(宮崎放送)、ステーションQ年間企画『オキナワ1945 島は戦場だった』(琉球朝日放送)

志賀信夫賞
後藤亘

第5回マイベストTV賞グランプリ
『フリーター、家を買う。』(フジテレビ、共同テレビ)

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。