ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年05月24日 17時40分
“落語家”世界のナベアツ(左)の高座名は「桂 三度」 

落語家転身 世界のナベアツ、高座名は「桂三度」に決定

 お笑いコンビ・ジャリズムを3月に解散して落語家へ転身した世界のナベアツ(41)が24日、入門先の師匠・桂三枝(67)とともに会見を開き、高座名が「桂三度」に決まったと発表した。三枝一門で「三」がつくのはもちろん、持ちギャグ「さ〜ん(三)!」でブレイクし、構成作家としても活躍する本名・渡辺鐘の「渡」から「三」を引くと「度」になり、さらに三枝が「漫才師としてこの世界に入り、続いて構成作家としても活躍した。これが三度目の正直となるように」との期待を込めたと紹介。落語家“桂三度”がここに誕生した。

 三枝は「弟子の名前を発表するのに、こないに大層にやるというのは異例のこと。しかし彼は人気者ですし、これまで芸人として、構成作家として頑張ってきたので、こうした記者会見を開かせていただいた」と、まずはこれまでのナベアツの功績を評価。その上で「名前がつくと、これまでとは違い、弟子としての修行が本格的に始まる。人前でのお酒や煙草は厳禁になるなど制約も多く、私に付いてもらうことになるが、こうした修行を3年は続けてもらいたい」と特別扱いはしないことを明確にし、18番目の弟子として厳しく鍛える。

 緊張の面持ちの三度は、東京在住であることからなかなか修行できていないとの悩みを打ち明け「たまに師匠に付かせていただいても、年下の兄さんにご迷惑をかけて、何をしていいかわからず、オロオロしているばかり……師匠にとって目障りな存在になりつつあります」と弱気発言。これまで慣れ親しんだ名前を捨てることで「アホみたいな名前とこれでお別れかと思うと、ちょっと感慨深いものもあります」と名残惜しそうに話した。

 高座名にはまだ他にも意味があるといい、三枝は「どこかにナベアツの名前を残したいと考えた。三度という字は、渡辺の“渡”という字をバラしたもの。そして三度目の正直という意味と、これからの三度三度のご飯がしっかり食べられるように頑張ってもらいたいということで名付けた。食べ物にも恵まれるように“ら”を取れば“かつさんど”になるようにもなっています」と考え抜き、「今までの弟子のなかで一番時間を費やした」と振り返った。

 師匠の愛情を目の当たりにした三度は「師匠がこの名前に込めてくださった意味…優しさにあふれていて、ちょっと、うるっとしちゃいそうです。本当に嬉しい。この名前に泥を塗らないよう頑張ります。ちなみに僕はカツサンドが大好きです!」と応えた。これからは桂三度に統一するわけではなく、三枝は「構成作家としての名前は残してやりたい。高座に上がるときは三度と名乗ればいい」とした。

 作家と修行の二足のわらじをはくことになるが、三度は「五分五分のバランスを目指している。生活のなかでは9割は落語のために使っているつもり」。三枝も「通常の仕事は続けてやっていけばいい。テレビに出るのはなかなか大変。こうした場を生かして、上方落語の宣伝もしてもらえればと思うし、構成作家としての仕事も落語に生かしてほしい」と落語のファン層拡大に期待を込めつつ、現在の弟子が抜ける秋頃から本格的に付いてもらうとし、「特別待遇はしない。しっかり修行してもらう。もちろん、古典落語も覚えていってもらいたい」と話していた。

⇒話題の芸人情報が満載! 「よしもと芸人」関連ニュース記事一覧

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。