ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年05月10日 19時30分
草なぎ剛主演ドラマ『99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜』で共演した仲間由紀恵(右)と脚本を手がけた橋田壽賀子 (C)ORICON DD inc. 
(左から)特別賞を受賞した野村昭子、草なぎと共演した中井貴一、泉ピン子 (C)ORICON DD inc. 
新人賞を受賞した“ゲゲゲの夫妻”松下奈緒&向井理 (C)ORICON DD inc. 

草なぎ剛、仲間由紀恵とのW主演作『橋田賞』受賞に男泣き

 脚本家の橋田壽賀子が理事長を務める橋田文化財団が、放送創作活動の振興および文化の発展に寄与した個人や団体を表彰する『第19回橋田賞』の授賞式が10日、都内のホテルで行われた。同賞大賞は橋田自らが脚本を手がけ、昨年11月に放送されたドラマ『99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜』(TBS系)が受賞。女優・仲間由紀恵とともに主演した SMAP草なぎ剛は共演者の名前を一人ひとり挙げ、「勇気の出る作品に出演できて、血は繋がっていないけど、家族以上の関係になれたと思う」と涙ながらに喜びを語った。

 声を震わせつつ「日本にも大変な人がいるけど、必ず誰かそばにいる人の力で、人は元気になれるんだなって思った」と家族愛を描く同ドラマの撮影から学んだ思いを語り、東日本大震災の被災者らにもエール。草なぎのほか仲間、松山ケンイチ、寺島咲、川島海荷、中井貴一、泉ピン子らも登壇し、そっと草なぎにハンカチを渡した仲間は「人と人との強い絆の繋がりでみんな生きていける。私も胸に刻みたいと思います」と誓った。

 新人賞は、昨年のNHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』で夫婦役を演じた松下奈緒向井理がともに受賞した。“水木夫妻”が久々に顔を揃え、向井は「賞をもらうのは嬉しいですが、名前が出るのは松下さんや僕だけ。ほかの共演者の方や裏で支えてくれたスタッフ、観てくださった方がいたからこその賞だと思います」と改めて感謝の弁。松下は「昨日ですけど、水木(しげる)さんがまた新たな連載を始めるとお聞きして、人ごとと思えず喜んでしまいました」と微笑んだ。

 そのほか同賞には『証言記録 兵士たちの戦争』(NHK)、脚本家の坂元裕二、福山雅治が選ばれ、特別賞は野村昭子が受賞。新人脚本賞には応募作品総数174篇から、堀脇れいくさんの『パルクール』が佳作に選ばれた。ツアー中のため欠席した福山は、「映像の賞というものをもらうのは初めて。嬉しい気持ちと同時に照れくさい感じもあります」とビデオメッセージでコメントを寄せた。

◆過去の授賞式をチェック! 2010年2009年2008年

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。