ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年05月08日 14時00分
28年ぶりの3ショット!(写真右)高柳良一さん (C)ORICON DD.inc 
原田知世 (C)ORICON DD.inc 
大林宣彦監督 (C)ORICON DD.inc 

28年の“時をかけて”大林監督&原田知世が次回作の約束 “深町君”もサプライズ登場

 1983年公開の大ヒット映画『時をかける少女』が7日夜、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町で上映され、同作を手がけた大林宣彦監督(73)と主演女優・原田知世(43)によるトークイベントが行われた。大林監督と原田は映画『あした』(1995年)に監督・出演して以来16年ぶりの再会で、「ちっとも変わっていない」「監督もお変りなく…」と抱き合って喜んだ。さらに劇場には同作で“深町一夫”役を演じた元俳優・高柳良一さん(47)の姿も。原田が大林監督には内緒で呼び寄せた粋な演出で、28年ぶりの3ショットも実現した。

 大林監督は「この映画のことは昨日のことのように思い出されるのに…撮影当時45歳だった自分は、いま73歳」と言った後、原田をじっと見つめて「大人になったけれど、15歳の頃の初々しさはそのままですね」とニッコリ。原田も「映画1作目が自分の代表作になったのはすごいことだと思う。長く女優を続けていられるのも、この作品のおかげ。幸せなスタートを切ることができたと思っています」と笑顔を見せた。

 「原田知世といえば多くの人が『時をかける少女』をイメージする。それは本人にとってはつらいことでもあったのではないかしら」と大林監督がたずねると、原田はサバサバした感じで「自分が成長しながら、それに合った作品に出会うことの難しさを感じることもありました」と振り返った。大林監督は女優業だけでなく、音楽活動も続ける原田の活躍ぶりを褒めたたえながら、「時は過ぎるものではなく、時はやってくるものなんですね」と満足げに笑っていた。

 28年の時間の経過を感じさせないほどに、当時の思い出話が尽きない中、大林監督は「ここで約束しない? もう一度、映画を一緒にやろうよ」と提案すると、原田も「ぜひ」と二つ返事で快諾。客席からも実現を期待する大きな拍手が沸き起こった。

 客席で同作を鑑賞した高柳さんは「スクリーンで観るのは公開時以来。懐かしく思いました」。原田とたびたび共演していた高柳さんは、大林監督作品『彼のオートバイ、彼女の島』(1986年)への出演を最後に、俳優業を引退。出版社に就職し、作家・赤川次郎の担当編集者などを経て、現在はニッポン放送に勤める会社員だ。原田にとっては「長崎から上京して最初できた友達。いまでも年に数回会って、家族ぐるみで親しくしている」という。

 同劇場では13日まで、CS放送・衛星劇場の番組『大林宣彦のいつか見た映画館と』と連動した特集上映会を実施中。今回の上映作品、トークイベントの模様は7月より衛星劇場で独占放送される。詳細は公式ホームページに掲載(www.eigeki.com/obayashi/)。

◆映画ニュース 最新情報インタビュー

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。