ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年04月28日 11時00分
歯切れのよい物言いが支持を集めた、1位のマツコ・デラックス 
2位は美輪明宏 (C)ORICON DD inc. 
3位にランクインした島田紳助 (C)ORICON DD inc. 

【働きビト】人生相談したい人、1位は「マツコ・デラックス」

■ランキング表はこちら

 恋愛や家庭内問題はもちろん、仕事での人付き合いなど、誰だって悩みの1つや2つを抱えながら生活しているもの。そこで、さまざまなテーマで社会人の実情に迫っていくORICON STYLE『働きビト』では、「人生相談をしたいと思う有名人」についてアンケートを実施。その結果1位には、広い視野で眺めたうえでの辛口コメントに定評のある【マツコ・デラックス】、2位には発言に説得力がある【美輪明宏】、3位に抜群のリーダーシップを発揮する【島田紳助】と続いた。マツコは、男女別ともに支持率No.1で「ジェンダーを超えた見方で的確なアドバイスをくれそう」(東京都/30代/女性)と、そのキャラクターや豊富な人生経験から指南を仰ぐ声が相次いだ。

 鋭い視点で物事を捉え、独自の持論を展開するマツコは、コラムニスト、タレント、コメンテーターと多方面で活躍。出演中の『有田とマツコと男と女』(TBS系)や、この春スタートした『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)などでの歯に衣着せぬ物言いは、視聴者を痛快な気分にさせてくれる。そんな裏表のない人柄に信頼を寄せる人は多く「気休めでなく簡潔な助言をくれそう」(広島県/30代/男性)、「手厳しい言葉もあるけど、懐の深さや優しさが感じられる」(東京都/20代/女性)と、男女を問わず絶大な人気を集めた。

 「どんな悩みに対しても、心を軽くするような言葉をくれると思う」(北海道/20代/女性)というのは2位の美輪。いくつもの艱難辛苦を乗り越えてきた自身の歩みをベースに、解放の道へいざなってくれそうとの期待が高まった。3位の島田は、仕事はもちろんプライベートでも行動的で「この人の言うことには説得力がある」(埼玉県/20代/男性)。“カシアス島田”として作詞家の一面も持ち合わせており「何気ない一言でも心に響いて救われる事がある」(山形県/30代/女性)と、実際に彼の言葉に感銘を受けた人は少なくない。

 前述の要素に加えて、ランキング上位につけた有名人に共通して見られたのは豊富な“ユーモア力”。「面白くて思い切った回答を貰えそう」(和歌山県/20代/男性)との声が寄せられた4位の【北野武】をはじめ、【所ジョージ】(5位)、【タモリ】(8位)、【明石家さんま】(9位)など、いい意味で今なお童心を忘れず輝き続ける人物が支持された。経験の豊富さから、比較的年齢層の高い結果となるなか、最年少では【ベッキー】の名前も。「明るく前向きなアドバイスをくれそう」(新潟県/30代/女性)と女性部門7位に登場している。

 今回上位にランクインした有名人のキャラクターと、寄せられたコメントを振り返ると、相談に対してはただの“優しさ”よりも、ズバリと的を得た“厳しさ”を望んでいる人が多そうだ。新生活がスタートしたばかりのこの時期は、さまざまなシーンで相談を受ける機会もたくさんあることだろう。もちろん、一定の信頼があってこそだとは思うが、的確なアドバイスをすることで、より一層の関係を築いていくことが出来るかもしれない。

【調査概要】
調査時期:2011年2月24日(木)〜2011年3月2日(水)
調査対象:合計900名(※有職者に限る/自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員20代、30代、40代の男女各150名)
調査地域:全国

⇒悩みなく仕事をするために……
頭を活性化! 5分でできる“地頭体操”
まずは職選びから! 適職タイプ診断テスト


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。