ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年04月20日 06時00分
主人公・滝島徹を演じる三浦友和 
主人公の妻・滝島佐和子には余貴美子が抜擢 

『RAILWAYS』第2弾、三浦友和&余貴美子が夫婦役で出演

 人生を鉄道になぞらえ、鉄道にまつわる人々の人生の一コマに光をあてたドラマを描く映画『RAILWAYS』シリーズ第2弾のキャストが発表された。今作は日本海を臨む富山県・富山地方鉄道を舞台に綴られる、岐路に立つ夫婦の感動の物語。主人公の定年間近な運転士・滝島徹役を俳優・三浦友和が演じる。同シリーズ第1弾では、三浦の次男で俳優の三浦貴大が映画デビューを飾った。三浦は「前作が持つ美しさを損なわないように、挑みたいと思います」と控えめにコメント。撮影は順調に進んでいる。

 妻・佐和子役には余貴美子、徹と佐和子の一人娘・麻衣役には小池栄子が起用された。何かと白衣姿の役が多い余は、今作でも在宅緩和ケアに打ち込む看護師役。「不思議と訪れる機会に恵まれなかった富山で、じっくり映画に取り組めるのが嬉しいです。三浦さんとは映画の中で結婚式を挙げたことがありますが、今回、長年連れ添った夫婦を演じるのをとても楽しみにしています」と話していた。

 42年務めた富山地方鉄道を、1ヶ月後に定年退職する運転士の徹。そのころ、彼を長年支えてきた妻の佐和子は、がん検診で再検査となったことをきっかけに、自分の人生を見つめ直して悩み、署名入りの離婚届と結婚指輪を置いて家を出てしまう。一人暮らしをしながら、看護師として在宅緩和ケアの仕事を始める佐和子。ある日、徹が運転する列車が落雷により山間部で緊急停車してしまう。その列車に乗っていた、佐和子が担当しているがん患者の井上信子(吉行和子)の容態が急変し…。

 ほかに、富山地方鉄道の新人運転士・小田役で中尾明慶、富山県出身の西村雅彦、立川志の輔が出演する。監督は、数々の映画で助監督を務め、経験を積んできた蔵方政俊が満を持して長編監督デビュー。3月12日にクランクインし、4月下旬にクランクアップ。年内12月に全国公開を予定している。

 2010年5月に公開された前作『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(錦織良成監督)は、島根県を走る日本最古級電車・一畑電車を舞台に、中年のエリートサラリーマンが、職を捨てて、地方鉄道の運転手になるという物語。鉄道を描く面白さと、主人公の家族の心模様を綴ったオリジナルストーリーが話題呼び、約50万人を動員するヒットを記録した。

◆映画ニュース 最新情報インタビュー

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。