ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年04月16日 17時40分
絵本『マボロシの鳥』原画と藤城清治氏 (C)ORICON DD.inc 

影絵作家・藤城清治、20年ぶり自宅スタジオ展 太田光『マボロシの鳥』絵本原画初披露

 影絵作家・藤城清治治氏(86)が、20年ぶりに東京・目黒の自宅スタジオを開放する展覧会『幸せをよぶ夢いっぱいの展覧会』を17日より開く。お笑いコンビ・爆笑問題太田光(45)の初小説『マボロシの鳥』を絵本化する際に制作した40枚の影絵も初披露し、藤城氏は「太田さんと僕のつながりから、大きなことが生まれることに期待したかった」と手応えをにじませる。太田も「藤城さんの絵は、私が生まれて一番最初に目にした美術作品で、その時からずっと頂点のままです。この絵本を世界中に誇りたいです」とコメントを寄せた。

 ちょうど初日が87歳の誕生日。20年ぶりの自宅スタジオ展に藤城氏は「子供に夢を与えたり、喜んでくれるものが好きで、入ったら“夢の迷路”に入ったような空間が好き。自分の家なら分かりきった空間だから、迷路は無限にできる」というこだわりを明かした。初期の油絵、モノクロやカラーの影絵の代表作60点を含め、合計100点の作品が飾られ「透き通る色が会場に光ってて、光と影の美しさがある。自分の絵だけど、ワクワクしますよ」と頬は緩みっぱなしだ。

 過去に太田とはラジオ番組で対談し「僕の古い影絵集を持ってきてね。昔から影絵の大ファンだったそう。いい形でめぐり合ったから、どうしても僕に、ということだったみたい」と、今回の依頼を承諾。『マボロシの鳥』の原画40枚は、昨年暮れから着手した。

 普段なら1枚に5日かかる作業を2日ほどに短縮する急ピッチで進められ「3ヶ月ちょっとで仕上げた。誕生日までに間に合わせたかったし、これを絵にするのは、いろいろなことを経験してきた僕じゃなきゃできないと思うよ」と達成感に満ちた表情で振り返った。

 なお、今回の東日本大震災によって被害を受けた宮城県仙台市若林区にある藤城氏の原画が飾られている「鐘崎 笹かま館」から、昨年末に修復のために事務所に戻ってきていた作品「トリトンの夢の中」を版画にして発売。売り上げの一部を若林区に寄付する。

 自宅スタジオ展は17日(日)から5月29日(日)まで開催。太田の原作本を絵本化した『マボロシの鳥』(講談社刊)は5月17日(火)発売。

藤城清治(ふじしろ・せいじ):大学卒業後、人形と影絵の劇場ジュヌ・パントル(のちの木馬座)を結成。多数の名作を生み出し、1989年に紫綬褒章、1995年に勲四等旭日小綬章など受賞歴多数。テレビ番組『木馬座アワー』のキャラクター「ケロヨン」の原作者であり、影絵界の第一人者としても知られている。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。