ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年04月12日 09時00分
初共演となる役所広司(写真左)と小栗旬 

役所広司×小栗旬が初共演 映画作りへのロマン描く

 俳優の役所広司小栗旬 が初共演し、映画『キツツキと雨(仮)』が製作中であることが11日、わかった。『南極料理人』(2009年)の沖田修一監督の最新作で、コメディセンスあふれるオリジナル脚本を映像化。役所は「小栗さんは今回、軟弱な新人監督役をユーモアを交えて演じていて、とても魅力的」、小栗は「以前から一度役所さんのいる現場を見てみたいと思っていましたが、ついに共演することができ、毎日楽しい日々を過ごしています」と互いに初共演の感想を語っている。

 ある日、山村に映画の撮影隊が現れる。ひょんなことから撮影に巻き込まれ、無理やり手伝わされる羽目になった、きこりの克彦(役所)。一方、新人監督の幸一(小栗)は、持ち前の気の弱さで、現場をまとめきれずにパニック寸前だった。森の中で出会った、60歳のきこりと25歳の映画監督。映画の撮影を通して、克彦は映画の面白さに引き込まれ、持ち前の機動力で生き生きと活躍を始め、幸一は克彦と接することで成長していく。そして二人のふれあいは、村と撮影隊の奇妙なコラボレーションを生み出してゆく。

 この物語について役所は、「森に囲まれた小さな町の人々と、そこに突然現れた小さな映画のクルーとの映画作りを通して生まれる親子や仲間との温かい関係。そして映画作りへのロマンが描かれています。ユーモアを交え心温まる映画になると思います」と熱が入る。一方、小栗は「自分にとっては新しいチャレンジ、最近頂いていなかったような役なので、毎日試行錯誤の日々です」。役所は『ガマの油』(2009年)、小栗は『シュアリー・サムデイ』(2010年)で映画の監督業を経験しているだけに、二人の映画に対する愛情がにじみ出るような作品になることが期待される。

 3月29日にクランクインし、岐阜県内でロケを実施中。ほかに高良健吾臼田あさ美 、伊武雅刀、山?努などバラエティ豊かな俳優陣が撮影に参加している。沖田監督は「今回の映画は俳優さんだけではなく、ロケ地である岐阜の方々にも出演や協力をお願いしました。スタッフやキャストや地元の皆さんとともに手作り感のある、にぎやかな映画にしたい」と抱負を語っていた。2011年全国公開予定。



気になる映画ネタをチェック☆
映画最新情報映画祭ニュース
  • インタビュー記事



     
  • オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

    オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

    英会話スクール/英会話教室ランキング

    キャリア特集 一覧

    【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
    【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

    女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

    【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
    【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

    赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

    嬉野雅道
    【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

    北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

    ケラリーノ・サンドロヴィッチ
    【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

    ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

    豊川悦司
    【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

    俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

    大泉洋
    【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

    北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。