ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年04月02日 13時30分
テレ朝の新たな朝の顔となる羽鳥慎一アナ&赤江珠緒アナ (C)ORICON DD inc. 
全身ショット (C)ORICON DD inc. 
新たな職場を見回す羽鳥アナ (C)ORICON DD inc. 

バード羽鳥、テレ朝“初出勤” しんちゃんとイスで実感

 3月末で日本テレビを退社したフリーアナウンサー・羽鳥慎一が2日、東京・六本木のテレビ朝日で4日スタートの新情報番組『モーニングバード!』(毎週月〜金 前8:00〜9:55)の記者会見に出席。この日初めて足を踏み入れた同局のトイレで人気アニメ『クレヨンしんちゃん』のポスターを見つけたという羽鳥は、「今までコナンくんで育ってきたので、しんちゃんを見て『あ、テレビ朝日に来たんだ』と実感しました」と率直な感想を語った。また8年間務めた『ズームイン!』では立って進行していたため、スタジオのセットにイスがあることに気付くと「座れるのかな? なんて嬉しく思います」と喜んだ。

 自らの愛称・バードが番組タイトルとなり「うまくいけば僕のおかげだし、失敗すれば僕のせい。嬉しい反面、責任感。なんとかいい感じで丸く収まれば」と控えめながらも、新“相棒”・赤江珠緒アナウンサーを「好感度ランキングで1位にしたい。どんどん褒めます」と日テレ・西尾由佳理アナからの“乗り換え”を明言して笑わせた。赤江アナも、羽鳥の目力に圧倒されながら「年上の羽鳥さんに寄りかかって、明るい朝を届けられるよう頑張ります」と意気込んでいた。

 同局の新しい朝の顔となる同番組は、「伝え手の顔が見える」ことをコンセプトに、MCの2人が等身大の興味関心のなかから話題を選び、「今知っておきたい世の中のできごと」を伝える情報ライブショー。羽鳥が話題の情報を伝える「バード・アイ」のコーナーをはじめ、番組のレギュラーゲスト陣らも積極的に街頭にロケに出向くなど、軽いフットワークで視聴者に寄り添った番組作りを心がける。

 番組のレギュラーゲストは月曜日に石原良純(気象予報士)、青木理(フリージャーナリスト)、前田典子(モデル)、火曜日に舘野晴彦(月刊『ゲーテ』編集長)、清水宏保(長野五輪金メダリスト)、吉原珠央(イメージコンサルタント)、水曜日に東ちづる(女優)、神田瀧夢(エンターテイナー)、宇治原史規(ロザン)、島谷ひとみ(歌手)、木曜日に松尾貴史(放送タレント)、立花胡桃(作家)、玉川徹(テレビ朝日)、金曜日に吉永みち子(作家)、長嶋一茂(タレント)、平林亮子(公認会計士)が出演。同局の小松靖アナ、久保田直子アナ、大西洋平アナが情報ナビゲーターを務める。

◆関連ニュース一覧 アナウンサーテレビ朝日

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。