ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年04月01日 09時45分
新番組『ZIP!』(日本テレビ系)初回放送終了後、インタビューに応じた筧利夫 (C)ORICON DD inc. 
新番組『ZIP!』(日本テレビ系)初回放送終了後、インタビューに応じた鈴木杏樹 (C)ORICON DD inc. 
新番組『ZIP!』(日本テレビ系)初回放送終了後、インタビューに応じた(左から)メインMCの桝太一アナウンサーと関根麻里 (C)ORICON DD inc. 

新番組『ZIP!』スタート 曜日別パーソナリティーに筧利夫、鈴木杏樹も抜てき

 日本テレビの朝の情報番組として長年愛され、3月31日、その歴史に幕を閉じた『ズームイン!!SUPER』に続く新番組『ZIP!』(月〜金曜・前5:50〜)が1日スタートし、初回放送終了後、メインMCの桝太一アナウンサーとタレントの関根麻里、各曜日メインパーソナリティーがインタビューに応じた。桝アナは「これから再生していく日本と一緒に、背中を押せるような番組にしていきたい」と意気込めば、金曜パーソナリティーの女優・鈴木杏樹とともに木曜パーソナリティーに抜てきされた俳優の筧利夫も、「朝起きてこのチャンネルに合わせる皆さんの期待を裏切ることなく、愛と元気の電波をお届けしたい」と熱血コメントを送った。

 同局入社5年目にして新たな“朝の顔”となった桝アナは、『ズームイン!!SUPER』最終回に出演した際に改めて「本当に愛されていた番組だったんだなと、責任の重さを感じました。(新番組を)長く続けられるように私も成長していくので、末永くよろしくお願いします」とあいさつ。帯番組のMCは今回が初という関根も「こう見えて、すごく緊張してます」と笑顔を振りまきながら、「明るく希望を持てる番組。多くの方に笑顔になってもらえる番組を作っていきたいです」とガッツポーズで意気込みを語った。

 月曜パーソナリティーのお笑いトリオ・ネプチューン原田泰造は、「朝がすごく弱いので、これを機に朝型人間になって、太陽と混じり合って素敵な生活にしたい」と笑いを誘い、火曜パーソナリティーの人気グループ・EXILEMAKIDAIも「『ZIP!』とともに皆さんと成長して、日本の朝を元気にしていけたら」と語った。

 新番組のタイトルは「ZOOM IN PEOPLE」の頭文字を取って『ZIP!』と偉大なる前身番組の想いを継承しつつ、パソコン用語の「ZIPファイル」のイメージから、開けると色々なものが色々なものが飛び出てくる“玉手箱”を連想して欲しいという思いと、そして英語の口語「元気!」という意味も兼ねている。なお、主題歌には歌手・山下達郎の書き下ろしの新曲「My Morning Prayer」が起用され、新番組の船出に華を添える。

 インタビューにはほかに水曜パーソナリティーで人気グループ・TOKIO山口達也、鈴木が出席した。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。