ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年03月31日 12時00分
福岡で実施した『まほろ駅前多田便利軒』の試写会に急きょ参加した瑛太 
大森立嗣監督の父・麿赤兒、弟・大森南朋も同作に出演 
共演は松田龍平 

瑛太が舞台あいさつに登壇 「日本全体がまた明るくなっていけばいいな」

 俳優の瑛太が29日、福岡県福岡市にあるユナイテッド・シネマキャナルシティ13で行われた映画『まほろ駅前多田便利軒』(大森立嗣監督)の試写会に急きょ駆けつけた。先月、父親を亡くしたばかりの瑛太だが、「今、日本に大変な事が起こっていますが、西日本、まず九州の皆さんから、この映画を観て、少しでも被災者の方になにか元気だったり笑顔を取り戻せるエネルギーだったり…、そういったものを届けていただいて、そして日本全体がまた明るくなっていけばいいなと思っています」と東日本大震災の被災地の人々を思いやった。

 同作は、人気作家・三浦しをんの同名小説が原作。東京郊外の“まほろ市”で便利屋を営むバツイチ男・多田啓介(瑛太)と、中学の同級生・行天春彦(松田龍平)のコンビのもとに舞い込むワケありな依頼を通して、さまざまな人間模様が描かれる。やがて2人は、ある事件に巻き込まれ、自らが抱える忘れられない過去と向き合うことになり…。

 一般向けに初めて実施された試写会で瑛太は「去年の夏に撮っていて、“やっとこの日が来たか”という本当に嬉しい気持ちでいっぱいです」。

 脚本も手がけた大森監督は「原作を読まれている方はわかると思いますが、ちょっと今までの瑛太のイメージとは違うところのある役だったので、そこにやりがいがあったというか、新しい瑛太を見るのは楽しかった」と撮影を振り返り、「便利屋さんという職業をしながら、おせっかいや頼まれても無いこともしちゃう2人の話。手を差し伸べる勇気を持てる世の中になってほしい、という想いもこの作品には込められています」と話していた。

【動画】新作続々!映画予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。