ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年04月01日 10時00分

【働きビト】履歴書にウソ書いた経験「ある」約3割




■“ウソ”を書いた項目&エピソードはこちら

 本日、4月1日は“エイプリルフール”。そこで、常識・非常識から恋愛事情まで、毎回様々なテーマで社会人の実態に迫るコラム『働きビト』では、社会人なら誰もが通る道である“就職活動”をテーマに『履歴書に“ウソ”を書いたことがあるorないか?』をリサーチ。その結果、【ない】が72.7%、【ある】が27.3%で、ウソを書いた経験の持ち主が約3割を占めることがわかった。記入した項目としては、多い順番に【志望理由】(43.6%)、【趣味・特技】(23.1%)、【職歴】(14.7%)が挙がり、採用してもらいたい一心で「ちょっと話をオーバーに書いてしまった事があります」(大阪府/20代/女性/志望理由)といったエピソードの数々が届いた。

 現在、就職を希望する場合は、手始めに“自己紹介”代わりとなる履歴書やエントリーシートを提出するのが一般的。誰しも第一印象は良く見られたいもので、悪気はないけれど出来心で多少話を大げさに書いたり、職場の方針に合わせてしまう事も頷けなくはない。空言を並べてしまった項目は1位が【志望理由】。ウソを書いたのは事実だけど「何十社受けるのに、本命の数社以外に理由なんて挙げられない」(東京都/20代/男性)、「なかなか仕事が決まらず焦っていて、特に興味のない社でも『弊社で働くのが夢でした』と書いてしまった事がある」(千葉県/30代/女性)というように、就職氷河期に苦しんだ30代や、ここ数年の就職難を経験したと思われる一部の20代からこれらの声が目立った。

 2位の【趣味・特技】は、仕事と直結する項目ではないかもしれないが、職種に合わせて「実際は目玉焼き位しか作れないけど、食品会社の履歴書には“料理好き”というアピールをしてしまった」(神奈川県/20代/女性)、世間体を気にして「ネットが趣味というとあまりいい印象はないと思うから、本当の趣味は書かなかった」(長崎県/20代/男性)という人まで様々。3位の【職歴】は、特に転職経験の多い人が「転職した回数や理由をごまかしてしまった」(埼玉県/20代/男性)、「職場を移った回数が多く不利になると思ったから、全ては正直に書かなかった」(大阪府/40代/男性)と配慮したケースが見受けられた。

 続く4位は、「自宅から職場までの距離が遠すぎると採用されづらいと思ったので少し近めに書いてしまった」(神奈川県/40代/女性)との理由が挙がった【通勤時間・最寄り駅】(1.4%)。5位の【写真】(1.2%)は、“人は見た目が9割”とも言われるだけに「3ヶ月以内に撮影した写真が必要だったが、よく撮れている3年前の写真を貼ってしまった」(愛知県/30代/女性)なんて無茶をした人も。8位は、大事な判断材料になるであろう【免許・資格】(0.9%)。これには「マイナーな検定で疑われにくいかなと思って、上の級を書いてしまった」(東京都/30代/女性)などと、一か八かの駆け引きの様子が寄せられた。

 約3割の人が、ウソを書いた経験があることが発覚した今回のアンケート。たまげた嘘八百から苦し紛れの作り話までその度合いは様々だが、そんな行為も“採用”の二文字が欲しいからこその危ない綱渡り。確かに時と場合によっては、嘘も方便というのもありかもしれないが、「履歴書はクリアしたものの、面接でトンチンカンな答えを言って結局は落ちました」(東京都/30代/女性)というように、いつか痛い目をみる可能性があることもお忘れなく。

【調査概要】
調査時期:2011年2月24日(木)〜2011年3月2日(水)
調査対象:合計900名(※有職者に限る/自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員20代、30代、40代の男女各150名)
調査地域:全国

>>就職お役立ち情報
>>■自己PRに悩んだら… 職種別の例文から書き方のコツを盗もう
>>■人事担当者が教える“採用”ウラ話、合否の判断ポイントのホント




■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。

話題のニュースを一気読み『写真付き☆今日のNEWS』  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。