ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年03月26日 10時00分
32年に渡り放送された『3年B組金八先生』への熱い思いを語り、涙を浮かべた武田鉄矢 (C)ORICON DD inc. 

ドラマで活躍した『最高の教師』、1位「坂本金八」

■ランキング結果

 卒業シーズン真っただ中。瞬く間に過ぎ去った学生時代を振り返り、今も記憶に焼き付いている“恩師”といえる先生はどれぐらいいるのだろうか? ここ数年、教育の現場は学級崩壊やいじめ、教師の学力不足にモンスターペアレンツなどさまざまな問題を抱えているが、そんな今だからこそ求められる“理想の教師像”とはどのようなものか? ORICON STYLEではテレビドラマで活躍した「あなたにとって“最高の教師”は?」というアンケートを実施。結果、1位は今春で“定年”となる【坂本金八】、2位は女教師“ヤンクミ”こと【山口久美子】、次いで3位に元暴走族が教育現場で教鞭をふるう【鬼塚英吉】が続いた。

 1979年に第1シリーズが放送開始した『3年B組金八先生』(TBS系)。当時の風潮ではありえない長髪をなびかせた教師・坂本金八は、中学生の妊娠問題からいじめ、暴力、薬物に至るまで、リアルに社会問題を取り扱い、その度に生徒自身が幸せになれる道を模索する姿が多くの涙を誘った。「最終回の卒業式の場面で生徒1人1人に捧げる言葉が毎回ジンとくる」(東京都/30代/女性)と、主演の武田鉄矢が演者としての枠を超え、生徒たちに贈る心からのエールは“理想の教師”そのもの。また「腐ったみかんじゃないんです(涙)」(千葉県/30代/男性)と、数々の名言が生まれ一大ムーブメントを巻き起こしてきたことも要因といえる。

 次いで女優・仲間由紀恵がジャージにメガネ姿で教壇に立ち、手のつけられない不良生徒に熱い任侠道を説く『ごくせん』(日本テレビ系)の“ヤンクミ”が2位に。「義理と人情を忘れないところ」(東京都/10代/女性)と、一本筋の通った生き方を貫き、生徒達を守り抜く姿が好評を得た。続く3位のドラマ『GTO』(フジテレビ系)で、俳優・反町隆史が演じた鬼塚英吉には、「勉強以外で本当に教えなくてはならないものを教えている先生」(愛知県/40代/男性)と型破りな指導法こそ必要との声。ヤンクミ同様、参考書には載っていない“生きる道”をなりふり構わずに訴える教師像が支持された。

 このほか、野球部の顧問となり問題児たちを更生させた学園ドラマ『ROOKIES』の佐藤隆太演じる【川藤幸一】(5位)、ラグビーを通じて生徒達と心を通わせた『スクール☆ウォーズ』(ともにTBS系)で山下真司演じた泣き虫先生【滝沢賢治】(10位)と、スポーツを通じて生徒達と心を通わせる先生にも強い憧れの眼差しが注がれている。また『伝説の教師』(日本テレビ系)でダウンタウン・松本人志が演じた【南波次郎】が8位に登場。「自分が一番かわいいくせに!親や教師のせいにすな!」と、劇中は生徒を擁護するどころか、教師とは思えない言動ばかりだったが、「きれいごとじゃない名言が心に響いた」(静岡県/男性/20代)と称賛された。

 “良い先生”とは一体なにか? 一言で答えを出すことは難しいが、今回のランキングでは学校での立場など顧りみない熱血漢や、もし現実に存在するなら、同僚からは鼻つまみ者扱いされそうな破天荒な先生ばかり。だが、そんな教師だからこそ、1人の人間として教壇地立ち、周囲の声に流されることなく生徒と立ち向かう姿が “最高の教師”として記憶に刻まれているようだ。

【調査概要】
調査時期:2011年2月3日(木)〜2月7日(月)
調査対象:合計1,000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代〜40代の男女各125名)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査




キャラクター/役者 ドラマタイトル
坂本金八武田鉄矢 『3年B組 金八先生』
(TBS系・1979年〜)
山口久美子仲間由紀恵 『ごくせん』
(日本テレビ系・2002年〜)
鬼塚英吉反町隆史 『GTO』
(フジテレビ系・1998年〜)
北野広大水谷豊 『熱中時代』
(日本テレビ系・1978年〜)
川藤幸一佐藤隆太 『ROOKIES』
(TBS系・2008年〜)
阿久津真矢天海祐希 『女王の教室』
(日本テレビ系・2005年〜)
徳川龍之介田原俊彦 『教師びんびん物語』
(フジテレビ系・1988年〜)
南波次郎松本人志 『伝説の教師』
(日本テレビ系・2000年)
大岩雄二郎中村雅俊 『ゆうひが丘の総理大臣』
(日本テレビ系・1978年〜)
滝沢賢治山下真司 『スクール☆ウォーズ
〜泣き虫先生の7年戦争〜』
(TBS系・1984年〜)

■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



話題のニュースを一気読み『写真付き☆今日のNEWS』  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。