ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年03月07日 18時25分
ヒロインに決まった尾野真千子 (C)ORICON DD inc. 
(C)ORICON DD inc. 

NHK今秋朝ドラ『カーネーション』ヒロインに尾野真千子

 NHKは7日、今秋放送の朝の連続テレビ小説『カーネーション』(NHK総合・前8:00〜ほか)のヒロインに、女優・尾野真千子(29)を起用すると正式に発表した。都内で行われた会見に出席した尾野は「18歳で東京に出てきて、朝の連続ドラマのオーディションに何度も通い、なかなか受からず。ヒロインはもうないなと思ってたら、30歳を迎える今年にやっと夢が叶った」と喜びを語り、「今まで積み重ねてきたものを『カーネーション』で発揮したい」と意気込んだ。

 連続テレビ小説85作目となる同作は、大阪・岸和田市を舞台に展開され、大正、昭和、平成の時代を駆け抜けたファッションデザイナー・小篠綾子さんをモデルにした波乱万丈の物語。仕事に生き、母として生き、ファッションを通して人々に夢と喜びを与えることに生涯を捧げたヒロインとその家族を描く青春一代記となっている。

 “朝ドラ”のイメージについて「出たら有名になれる」と答え、報道陣の笑いを誘った尾野は「親孝行にもなると思った。親のためにも出たいと思っていた」と満面の笑み。今月3日に起用の吉報を受けたといい「スーパーで買い物していて、事務所から連絡があったんですけど、そこで大泣きしました。事務所の方と泣いて喜びました」と、念願の朝ドラ出演決定の瞬間を振り返った。

 1850人の応募があったオーディションで晴れてヒロインの座を獲得。尾野は「今はまだ実感はない。本当に撮影ができるのかなとか、全てに不安がある。子沢山(という役)も不安の1つですし。でも、大阪弁が話せるのは楽しみ」と現在の心境を明かした。

 同作の城谷厚司チーフ・プロデューサーは「最終的なテストで、10代の女学生と、45歳のお母さんの設定の2つをやってもらった時、女学生としても、45歳としての存在感もハマッていた。面接を重ねて、内に持っているパワーも凄く感じて、ヒロインと重なった」と決め手を明かした。

 ヒロインのモデルとなった小篠綾子(コシノアヤコ)さんは、1913年(大正2年)に呉服屋の長女として誕生。長女ヒロコ、次女ジュンコ、三女ミチコと三姉妹が世界的なデザイナーとして活躍するようになった後も岸和田で洋装店を続けてきたが、2006年に脳梗塞で帰らぬ人となった。

 脚本は映画『ジョゼと虎と魚たち』で脚本家としてデビューした渡辺あやが務め、5月中旬よりクランクインの予定。放送期間は9月26日(月)〜2012年3月31日(土)で全157回。

◆関連ニュース一覧 NHKドラマNHK朝ドラ

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。