ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年03月04日 17時00分
2体のオスカー像が輝く『ザ・ファイター』の新ポスター 
助演男優賞を受賞したクリスチャン・ベール (C)2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED. 
助演女優賞を受賞したメリッサ・レオ (C)2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED. 

【第83回アカデミー賞】『ザ・ファイター』クリスチャン・ベールの助演男優賞はブラッド・ピットのおかげ?

 米ロサンゼルスで2月27日(日本時間28日)に発表された『第83回アカデミー賞』で、映画『ザ・ファイター』(デヴィッド・O・ラッセル監督、3月26日公開)に出演のクリスチャン・ベールが助演男優賞、メリッサ・レオが助演女優賞を受賞した。アカデミー賞助演俳優部門のW受賞はウディ・アレン監督の『ハンナとその姉妹』(1986年)以来、24年ぶりとなった。

 『ザ・ファイター』は、ボクシング史上最も記憶に残るエキサイティングな激戦を繰り広げた伝説のボクサー、ミッキー・ウォードの実話をもとにした作品。彼の兄で薬物中毒の元実力派ボクサー・ディッキー役で出演したベールは、過酷な減量した上に、髪の毛を抜き、歯並びまで変える驚異の役作りで怪演し、アカデミー賞に初ノミネートで初受賞という快挙を成し遂げた。それも棚からぼた餅…と言っては失礼だが、もともとディッキーの役を演じる予定だったのはマット・デイモンで、彼がスケジュールの都合を理由に降板した後ブラッド・ピットに決まったが、『イングロリアス・バスターズ』(2009年)への出演を理由にまたも降板し、最終的にベールが演じることとなった。

 主演と製作を務めたマーク・ウォールバーグは「どうしてマットやブラッドがこれをやりたくないのか理解できなくて、フラストレーションがたまったさ。映画作りが大変なのはわかっているけど、努力は最後に報われるはずだと思っていた」と語る。果たしてベールは、マットやブラッドもいまだ手にしていないオスカーを獲得した(マットは1997年『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』で『第70回アカデミー賞』脚本賞を受賞しているが、俳優部門では受賞歴なし)。

 ウォールバーグは、マットやブラッドが降板したことにより「スケール(予算規模)は縮小した」ことを否定しないが、「最終的に、僕は最高のキャストを見つけ、最高のバージョンの映画を作ることができたんだ。この映画には生々しさがある。汚れていて、現実的。そしてハートがある」とベールの熱演を賞賛している。

 実は監督についても、当初は『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキーで決まっていたものが、『レスラー』(2008年)を撮ることになって降板し(企画途中まで関わっていたため、製作総指揮に名前は残っている)、マークと3度目のタッグとなるラッセル監督が引き受けて、無事完成したという曰く付きだ。

 紆余曲折はあっても、結果良ければすべてよし。2体のオスカー像が輝く『ザ・ファイター』の新ポスターが5日(土)より全国劇場にて掲示される。

【動画】映画『ザ・ファイター』予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。