ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年03月04日 10時00分
いきものがかりが定番化する日も近い? 

【働きビト】社会人の“送別ソング”、定番にいきものがかりが台頭

■ランキング表はこちら

 社会人の常識・非常識から恋愛事情まで、様々な分野でのスタンダードを探るコラム『働きビト』。つい先ごろ、新年を迎えたかと思えばあっという間に3月。新年度へ向けた人事異動などで送別会への参加が盛んになる頃ではないだろうか? そこで今回は、職場を離れ行く仲間に贈りたい『送別ソング』をリサーチ。海援隊の【贈る言葉】(1位)や長渕剛【乾杯】(2位)、尾崎豊【卒業】(7位)など、以前から“贈る歌”として浸透する名曲が上位を占める中、昨年のNHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』の主題歌としてもお馴染みの【ありがとう】(4位)、新天地へ旅立つ時のリアルな心情を綴った【YELL】(6位)を歌う、いきものがかりがTOP10内に2曲エントリー。“送別ソング”の新潮流として名乗りをあげている。

 発売から30年以上が経った今なお親しまれる1位の【贈る言葉】。当時、武田鉄矢主演のドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)の主題歌として大ヒットし、以降“卒業ソング”として定着。「様々な年代の方が知っているし、詞も勇気をもらえる内容だから」(岡山県/20代/女性)と世代を超えて歌い継がれる名曲として不動の人気を誇っている。1988年に発表された2位の【乾杯】は、ともに過ごした日々を想起させるような歌詞が印象的。はなむけの言葉代わりに「以前、職場を去る人に対してみんなで歌ったことがあります」(大阪府/20代/女性)という人も少なくない。

 3位には、近年を代表する卒業ソングとして名高いレミオロメンの【3月9日】が登場。4位の【ありがとう】は、昨年の流行語大賞にも選ばれた“ゲゲゲの〜”話題性も手伝って国民的な人気を獲得。タイトル通り「思いがストレートに伝わる気がするから」(静岡県/40代/男性)と、送り手が感謝の気持ちを代弁してくれる歌として期待を込める。同じくいきものがかりが歌う6位の【YELL】は、09年のNHK全国学校音楽コンクールの課題曲で「合唱祭で子供が歌ったのを聴いて感動した」(大阪府/40代/女性)というように、子から親へと浸透し、社会人の間でもこの時期に欠かせない1曲となりつつある様子。

 “旅立ちの季節=桜”というイメージもあるようで、5位に森山直太朗の【さくら(独唱)】、8位にはケツメイシの【さくら】が登場。選んだ人の中からは「桜の美しさと共に、思い出も綺麗に残りそうだから」(東京都/20代/女性/森山直太朗)とのコメントも寄せられた。10位には、“明るい別れ”をコンセプトにしたおニャン子クラブの【じゃあね】がランクイン。メンバー脱退時などにも歌われていた曲で「明るく送り出したい」(東京都/30代/女性)というシチュエーションにピッタリのようだ。

 長年に渡って愛されている名曲から、これから新定番となっていくであろう1曲まで、この季節にふさわしい“送別ソング”が出揃った今回のランキング。日頃の感謝や励ましの言葉は、いざとなるとなかなか思うように伝えられないもの。もしも機会があるなら、新たなスタートを切る“戦友”たちに歌で思いを届けてみてはかがだろうか?

【調査概要】
調査時期:2011年2月24日(木)〜2011年3月2日(水)
調査対象:合計900名(※有職者に限る/自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員20代、30代、40代の男女各150名)
調査地域:全国



■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


>>新年度を迎える春、思いきって転職を考えてみない?
>>■自分に向いてる仕事とは… まずは適職タイプを診断
>>■気になる職の“やりがい”も公開、理想のお仕事図鑑



話題のニュースを一気読み『写真付き☆今日のNEWS』  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。