ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年03月01日 05時00分
次長課長・河本準一 (C)ORICON DD inc. 
サイン会の模様 (C)ORICON DD inc. 
お馴染みの“キメ顔”も披露 (C)ORICON DD inc. 

“浮気タンメン”河本準一のキャバ通い回数に報道陣あ然

 お笑いコンビ・次長課長河本準一が2月28日、都内書店で著書『鬼嫁合衆国』(3月1日発売)の発売記念イベントを行った。自身が「一方的にやられている」という夫人との日々を記録したオール描きおろしエッセイで、河本は「一番怖いのは、嫁が本の中身を知らないこと。僕も5月16日に離婚届出されないか心配です…」と、同日のCM会見で沢尻エリカ が漏らした離婚時期を絡めてビクビク。これまで何度か流れた“浮気報道”については「してません!」と断固否定するも、さらに真相を追求されると強張った表情で「別に…」と受け流した。

 自叙伝『一人二役』以来、おそよ4年ぶりとなる同書では、二人の出会いから結婚、出産、子育てから河本自身の浮気事件など全真相を赤裸々に綴っている。「明日が結婚記念日なんですが、戦慄の記念日になりそう」と終始逃げ腰の河本は、現在、家庭内での“ランク付け”を「嫁、娘、息子、動物、家庭用具とかいろいろあって、僕」と寂しげに公開。それでも「ビリでいいですよ。上を目指していけるので。一番辛いのはトップの方ですよ。常に危機感を持たなきゃいけないので」と強がった。

 これまでの浮気報道や、芸人仲間からつけられた“浮気タンメン”といったあだ名に憤慨している様子の河本は「浮気は毛頭ない。明確には『してない』。どこまで浮気ととるかですよ。女性との食事やキャバクラも浮気ととるので、厳しいラインですよね」と男性報道陣に助けを求めたものの「(キャバクラの頻度は)週に3、4回。え? これを“しょっちゅう”と言うんですか?」という“告白”には、会場から驚きの声が漏れた。

 そんな“鬼嫁”との夫婦生活だが「自分が上の立場にいたいという欲が薄い。歴代の彼女とか今の奥さんも、言われてるほうが馴染んでて心地いいし、長く付き合えてる」と順調な様子。先月26日には念願の結婚式を行ったことも明かし、最後には“愛妻”へ「ついてきます。これからもよろしくお願いします」とメッセージを送っていた。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。