ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年03月01日 05時00分
城田優ことアーティスト“U”が初お披露目ライブ (C)ORICON DD inc. 
(C)ORICON DD inc. 
(C)ORICON DD inc. 

城田優、念願の歌手デビュー! お披露目ライブ「12年越しの夢かなった」

 俳優の城田優(25)がアーティスト名義“U”として2月28日、川崎市内で初のお披露目ライブを行った。海外ドラマ『フラッシュフォワード』のDVD発売を記念し、同DVDのCMイメージソングに起用された「Sisyphus(シシファス)」などを熱唱。念願の歌手デビューをかなえた城田は「この日を心待ちにしてたので本当に幸せ。音楽目指したのが13歳の頃なので、12年越しの夢がかなった」と喜びを爆発させた。

 今年2月16日にすでにヨーロッパで配信デビューを果たし、5月4日(水)にトリプルA面シングル「U」で日本デビューを果たすUこと城田は「満を持して、いいタイミングでデビューできた」と会心の笑み。あいにくの雨模様で室内でのデビューライブとなったが、母の母国・スペイン語による歌唱や作詞作曲を手掛けた「Sisyphus(シシファス)」を披露し、集まったファンを魅了した。

 「U」としてのコンセプトは「スペインの血が入っているので、情熱的なものが出せればと思ってます」。デビュー曲の順位について聞かれると「オリコンのトップ10に入ればいいな。1位は夢のまた夢。強いて言うなら2位かな。中学の時に漠然と言っていた『CD出して初登場2位』になれば、子供たちにも夢を与えられるかも」と期待を込めた。

 今後のアーティスト活動は、日本はもちろん「スペインやアメリカ、アジア各国と、世界に羽ばたけるアーティストになりたい」と思いをたぎらせ「たくさんの人の前でもライブをやりたい」と期待に胸をふくらませた。

 ドラマは、2009年10月6日に全人類が同時に2分17秒の間意識を失い、2010年4月29日の午後10時の未来の出来事を目撃するという不可思議な体験をきっかけに展開されるヒューマンドラマ。名誉宣伝サポーターを務める城田は「全人類が同じタイミングで、というのが肝。いろんな世界各国でも愛されてるゆえんだと思う」とアピール。今後期待する未来について聞かれると「夢はいっぱいあるけど、まずは世界平和。ラブ&ピースが僕のモットーですから」とはにかんでいた。

 未来視体験によって大パニックに陥った世界で、未来を変えたいと願う人々の奔走劇を描く海外ドラマ『フラッシュフォワード』は、3月2日(水)よりDVD発売。レンタルも同時開始。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。