ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年02月26日 06時00分
メンバーが再集結 (左から)西村和彦、千原ジュニア、星野真里、福田転球 

千原ジュニア、竹内力の後継“新・ミナミの帝王”に「違和感しかない」

 昨年9月にキャストを一新したドラマ『新・ミナミの帝王』の続編が3月27日に放送されることになり25日、主演するお笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニアらが大阪市内で会見した。これまで竹内力が主演し、関西で高い人気を誇る同作を後継した千原は「違和感しかないです……大変なんですよ〜」と苦笑い。「ドラえもんの声が変わってもうだいぶ経ちますけど、まだ慣れないですから。もともとあったものなので、多くの方がそういう違和感を持たれるでしょうから」と人気作ゆえの悩みを明かした。

 一方で主人公・萬田銀次郎を演じるにあたり、「竹内さんがやられた銀次郎とは全然違う感じでやることによって賛否の“否”は増すんでしょうけど、僕がやらしてもらうのであまりゴリゴリいかないよう、薄味でやらしてもらっているつもりです」とのこだわりも。

 初代は竹内主演で映画・Vシネマ・テレビドラマとして人気を集めた『難波金融伝・ミナミの帝王』で、天王寺大/郷力也による同名原作漫画は『週刊漫画ゴラク』で連載中。昨年放送された前作は関西で平均視聴率16%を記録するなど根強い人気を誇る。続編となる今作はオール関西ロケで22日よりクランクインし、新たに星野真理、西村和彦らが仲間入りした。

 大阪で“ミナミの鬼”と恐れられる十一(トイチ)の高利金貸し・銀次郎とその舎弟・坂上竜一(大東俊介)が、かつての顧客・富永圭一(福田転球)と再会。一方で10年の間に家庭を顧みない仕事人間になった冨永に不満を抱く妻、可菜子(星野)は実業家の黒岩慎二(西村)と一線を越える深い関係になり、冨永をだます計画に乗ってしまう。二人から3億円もの借金の保証人に仕立て上げられた富永は、銀次郎に凄腕の弁護士・小畑(伊藤えん魔)を紹介され、裁判で決着をつける決意をする。

 千原は「2回目ということですごく気合いも入ってたんですが、まさかの関西ローカルという吉報が舞い込んできまして」と明かし、「関西のお客様だけにいいものをお届けしたいと思います」と笑わせた。共演の福田は「急に借金3億円と言われたらどうなるのかというところなどを体感しながら見ていただきたいです」とアピールしていた。

 ドラマ『新・ミナミの帝王』は関西テレビ(関西ローカル)で3月27日(日)午後4時より放送。

今注目のドラマ情報をチェック!「ドラマ」関連ニュース記事一覧

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。