ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年02月25日 06時00分
実写映画『ワイルド7』で本格アクションに挑戦する瑛太 
コミック『ワイルド7』の原作イラスト 

瑛太が本格アクション! 伝説の人気コミック『ワイルド7』映画化

 「バイクに乗った七人のアウトロー警視」というキャッチコピーで、1969年〜79年に『週刊少年キング』で連載され、爆発的な人気を博したコミック『ワイルド7』が、俳優の瑛太主演で実写映画化されることが24日、わかった。今月16日に父を亡くしたばかりの瑛太だが、3月後半から同作の撮影に入る予定。本格的なアクションにも挑戦する。

 プロデューサーの阿部秀司氏は「主要メンバーの一人でもある飛葉大陸(ひば だいろく)役に、自身も大型二輪免許保持者である瑛太を起用できたこともこの映画の魅力の一つ。今までとはまったく違ったワイルドな“瑛太”をスクリーンに登場させたい」と意気込んでいる。

 選りすぐりの犯罪者の中から徴集された7人の警察官、ワイルド7が法では裁けない悪を殲滅するための超法規的存在として、“悪人”たちを叩きのめしていく。彼らは一見どうしようもない悪党の集まりで、社会のはみ出し者だが、一度出動命令が下れば、それぞれの力を発揮し、見事なチームプレイを披露する。任務を完遂するためなら自己犠牲も厭わず、チームのピンチには自分の危険を顧みず仲間を救うことを最優先する。

 そんなダークヒーローが活躍する意外性に富んだストーリーが痛快で、多くのファンを魅了した。大迫力のアクション、描き込まれたメカ、大胆なコマ割りや、意外な視点(銃口の内側からの視点等)の組み合わせなど、原作コミックは、まるで実写化のために作られた壮大な絵コンテのよう。そんな原作の魅力を、映画では最新のCGを駆使したハリウッド顔負けのバイクアクション・エンターテイメント大作として増幅させる。

 コンセプトは「悪(ワル)対 悪(アク)」。監督を任された『海猿』シリーズを手がけた羽住英一郎氏は「伝説の原作をリスペクトしながら、スケールの大きな新しい痛快アクション・エンターテイメント映画にしたいと思っているので、瑛太には観客の度肝を抜く強烈なニューヒーローを演じてもらいたいです」とエールを送る。

 制作プロダクションは『ALWAYS 3丁目の夕日』シリーズなど、VFX技術に長けたROBOT。日本版『007』『ミッション・インポッシブル』のようなスペクタクル作品を目指す。配給はワーナー・ブラザース映画。

⇒2011年の注目映画★予告編動画はコチラ!

◆関連ニュース一覧 最新映画ニュース映画インタビュー


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。