ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年02月18日 23時00分
知らせを知った妻夫木は別会場で男泣き (C)ORICON DD inc. 
喜びを語った深津絵里 (C)ORICON DD inc. 
授賞式の模様 (C)ORICON DD inc. 

【日本アカデミー賞】『悪人』が今年最多5冠 妻夫木&深津が最優秀主演W受賞

 日本アカデミー賞協会による『2011(第34回)日本アカデミー賞』の授賞式が18日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われ、映画『悪人』に出演した深津絵里が最優秀主演女優賞、妻夫木聡が最優秀主演男優賞を同時受賞した。妻夫木は、前年の最優秀主演女優賞者・松たか子から名前を読み上げるや感涙。「本当に嬉しいです。自分が12年間役者をやってきた中で全身全霊を注いで演じた作品。個性がないと言われて悩んだ時期もあったし、自分らしさってなんだろうと自問しながら、自分を信じてやってきた集大成の作品で受賞できた」と声を震わせた。

 そんな妻夫木を見て、もらい泣きしていた深津も最優秀主演女優賞を受賞。「まだ実感ない。ここまで喜べる日は、もう来るとは思えないほどです。楽な撮影ではなかったですけど、いまだと喜びで全てが吹っ飛んでしまった感じですね」。ともに作品を作り上げた李相日監督に向け「ギリギリまで追い込んでくれる監督には出会ったことなかったので、貴重な体験ができた。監督がお芝居をしっかり見ていてくださったからこそ、もらうことができた賞です」と感謝を示した。

 深津は、司会のタレント・関根勤から「私生活が謎。趣味は何ですか?」と聞かれると、「19歳の時、山田洋次監督のオーディションを受けたことがあって、その時も趣味を聞かれたんですが、“ない”と答えたら、そこで会話が終わってしまいまして、オーディションも落ちたことがありました」。会場が笑いに包まれるなか、『おとうと』で優秀作品賞、優秀監督賞を受賞し、授賞式に出席していた山田監督は「覚えていないんですが、大変申し訳ないことをした。僕は大失敗しましたね」と苦笑いしていた。

 “助演”も『悪人』が制した。最優秀助演女優賞の樹木希林は「役者には定年がなくてありがたい。いまは青天の霹靂(へきれき)といった感じです。ありがとうございました」。最優秀助演男優賞の柄本明は「俳優やっておりますが、賞を頂くのはそういう作品に巡り合わなければ頂けない。素晴らしい脚本、共演者、監督、スタッフの巡り会わせがある。(李相日監督は)しつこい監督でございました。本当にしつこい監督でございました。そういう監督の存在を待ち望んでいた僕がいました」と語り、拍手を浴びていた。

 『悪人』は音楽家の久石譲も最優秀音楽賞を受賞し、今年最多の5冠に輝いた。

◆映画ニュース 最新情報インタビュー

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。