ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年02月17日 06時00分
ベテラン声優の池田秀一 (C)ORICON DD inc. 
長年を共にしてきた「シャアは弟」 (C)ORICON DD inc. 
アフレコの模様 (C)ORICON DD inc. 

シャア声優・池田秀一、30年経過し「シャアは弟」

 声優の池田秀一が20日放送の日曜洋画劇場『アイアンマン』(テレビ朝日系 毎週日 後9:00〜)でアイアンマンとして活躍する主人公、トニー・スタークの声を務めることになり、このほどORICON STYLEでは、アフレコを終えたばかりの池田にインタビューを敢行。池田といえば『ガンダム』シリーズのシャアの声優として長年にわたり活躍し、『ONE PIECE』での赤髪のシャンクス役など“赤い”キャラクターでおなじみ。今回も赤い姿が印象的なアイアンマンを演じ「もう“赤”だったらなんでもやりますよ!」と笑い飛ばすなど、声優としてのスタンスを存分に語ってくれた。

 同名人気コミックの実写映画化作品として2008年に全米で公開、世界的にヒットした同映画が日本の地上派に初登場。主人公・トニーが自ら開発した“パワード・スーツ”を装着して復活し、テロリストらを撃退していくという痛快アメコミヒーロー作だ。半日に及ぶアフレコを終えた池田は、「向こうの作品がよく出来ているから、それにうまく乗っかっていけたらって。僕は僕のイメージでやらせていただきました」と満足げ。「久しぶりに楽しかったですよ。早く飲みたい。この台本をいただいて、ちょっと飲めねぇなって感じでもう10日飲んでないから(笑)」と大仕事を終えた充実感をにじませる。

 長年のキャリアを重ねてきた池田だが、声優としてまだまだ勉強になることも多いという。「力を入れないで力を抜くっていうのが難しいですね。やり始めの若い子たちを見ているとこれだけ力が入っているんだっていうことが学べるし、僕より先輩を見ていると力の抜け方を学ぶ」といい、「それが両方できて、力を抜いてポーンと打つとボールが飛ぶっていうのがいいんですよね。闇雲に打っても手にタコができるしね」と笑顔を見せた。

 『ガンダム』のシャアに始まり、『ONE PIECE』での赤髪のシャンクス、今回も赤いアイアンスーツを着たアイアンマンと“赤い”キャラクターに縁のある池田は「おもしろいんじゃないですか。もう赤だったらなんでもやりますよって感じになってきた」とニッコリ。アイアンマンの印象も「なんとなくザクにも似てるしね。モビルスーツかな? って」と笑い飛ばした。

 池田にとって「シャア」というキャラクターは今、どのような存在となっているのか。「弟かな? 身内は身内ですね。一応よく知ってるヤツですよ(笑)。もう30年も付き合ってますから人ごとじゃないですよね」。それでも過去には大人気ゆえ、重荷に感じたこともあったそうで「30年の間に嫌になったこともあります。どこ行っても『シャアだシャアだ』、『シャアみたいにやってください』って言われて。うるせー!俺シャアじゃねーよって時期もありましたね」と振り返る。

 しかし現在では「ずっと役者やっててもそういう役に出会えない人がほとんどなわけです。そう考えたら、俺は何をぜいたく言ってんのって思いますよね。そういう役と出会えたんだから」と考え、「スタジオに入るとあいつ(シャア)が来ますけどね。映像観れば来ますよ。その割に家にはいません。家に来たら酒がまずくなってしょうがない。なんかそういうもんですよ」と程よい距離感を保てているという。

 最後に声優・池田秀一として長年一線で活躍し続けるその原動力を聞いてみた。「好きだからでしょうね。頑張ってないフリしてやってますけど、若いもんには負けねえぞ!って」とストイックな姿勢をのぞかせる。今回、新たな“赤いキャラクター”に息吹を入れた池田。声優がアイドル化していく中で、日々精進し新たな可能性を模索する池田の姿は、後輩たちへの道しるべとなるはずだ。

 日曜洋画劇場『アイアンマン』はテレビ朝日系にて20日(日)午後9時より放送。なお今回は、同局の深夜ランキングバラエティ番組『お願い!ランキング』に登場するおねがい戦士からレッドとピンクがレポーター役でアフレコに挑戦している。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。