ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年02月08日 06時00分
芝居者狸(宮迫博之) 妖怪たちと数百年にわたって戦ってきたタヌキ一族のトップ。人間の欲にとり憑いて操り、世界を征服しようとしている (C)2011「豆富小僧」製作委員会 
袖引き小僧(小池徹平) 道行く者の袖やバッグを引いて、立ち止まらせる子供の妖怪 (C)2011「豆富小僧」製作委員会 
死神(大泉洋) 死にゆく者の前に現れる神。豆富小僧の豆腐を見ると、つい「食いたくなっちゃう」と手を出すお茶目な性格をしている (C)2011「豆富小僧」製作委員会 

宮迫博之「悪い事はすべて狸の仕業」 3Dアニメ『豆富小僧』声優に抜擢

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊宮迫博之が、日本初の本格長編3Dアニメーション映画『豆富小僧』(4月29日公開)に声優出演することが7日、わかった。妖怪なのに人を怖がらせることができない豆富小僧が江戸時代から現代にタイムスリップする冒険譚。妖怪たちと数百年にわたって戦ってきた狸一族のトップ・芝居者狸役で起用された宮迫は、「最近、この人は狸に憑かれているんじゃないか?と思う時がある。世の中の悪い事はすべて狸の仕業だと思えば腹も立たない。『この人は狸に憑かれている』と思うことで、怒りを発散させる術を9歳の息子にも覚えさせたいと思います」とコメントを寄せた。

 出演のオファーが来た時は、「豆富小僧?何やそれ?と思いました(笑)」と毒づいた宮迫だが、自身も出演した実写映画『妖怪大戦争』(三池崇史監督、2005年)で相方の蛍原徹が豆富小僧を演じている。今回の3Dアニメ映画は、『姑獲鳥(うぶめ)の夏』『魍魎の匣(はこ)』など妖怪を題材とした小説を数多く手がけている京極夏彦の『豆腐小僧双六道中ふりだし』が原作。『銀河鉄道の夜』(1985年)や『あらしのよるに』(2005年)の杉井ギサブローが総監督を務める。豆富小僧役で深田恭子が主演し、ダルマ役の武田鉄矢、妖怪の総大将・見越し入道役の松平健が出演する。

 声優陣はほかに、袖引小僧役で声優に初挑戦する小池徹平、死神役の大泉洋、狸(702番)役のはるな愛、人間のアイ役の平野綾、茜役の檀れいら。小池は「豆富小僧がお母さんを探す過程で出会う“人”や“妖怪”、いろいろな“物”との出会いで考え方が変わり、成長して行く様がすごく良く描けていると思います」と作品を大絶賛。平野も「こんな妖怪が自分の身の回りにいたら楽しいだろうなと思うほど、とにかく登場するキャラクターがかわいい」とときめかせていた。

 また、4人組ガールズバンド・SCANDALが主題歌「ハルカ」を担当することも決定。メンバーのHARUNAは「大切な人との別れ、そして旅立ちをテーマに、たくさんのことを経験して少しずつ成長していこうという前向きなメッセージを込めて作りました」とアピールしている。

【動画】映画『豆富小僧』予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。