ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年02月04日 06時00分
竹中直人 (撮影・Eiichirou Sakata) 
生瀬勝久 

個性派タッグ結成! 竹中直人×生瀬勝久で新舞台ユニット

 俳優の竹中直人(54)と生瀬勝久(50)が新ユニットを結成し、11月に舞台『ヴィラ・グランデ 青山(仮)』を上演することが3日、わかった。「今後舞台はやらない」と心に決めていたという竹中だったが、生瀬のひと言に突き動かされる形で演劇界注目のタッグが実現。映画監督、演出家などクリエイターとしても強い個性を発揮する、実力派俳優二人の“激突”が見どころとなりそうだ。

 2009年に竹中が監督した映画『山形スクリーム』に出演した生瀬が、「一度、舞台ご一緒させてください」と直談判。「もう俺は『しばらく舞台はやりたくないな、うん、いや今後も舞台はやらない』って心に決めていた」という竹中だったが、「今まで人から舞台を誘われたことが一度もなかった」ことから素直に感激してしまい「『え? おれと?』って感じで『はい…』と言ってしまった」という。

 そんな竹中だが1990年から“竹中直人の会”、2004年より“竹中直人の匙かげん”として新作舞台の企画上演を続けるなど、舞台役者としても顔も十分。対する生瀬も明石家さんまとの共同企画舞台に脚本家として参加し、『橋を渡ったら泣け』『楽屋』等プロデュース公演では演出家として腕をふるうなど、両者ともに舞台にかける熱は熱い。

 作・演出は、劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」主宰で、2003年上演の『ワンマン・ショー』で第48回岸田國士戯曲賞を受賞した俊英・倉持裕。言葉少なに語り合う二人の中年男、やがて一人が「こないだ、娘の元カレに殺されかけたんだ」と打ち明けた。「失われた10年、いや20年の申し子を持つ男達の物語――」という内容も期待される。

 作品について竹中は「笑えてでも哀しみがあるお芝居になったらよいな…」と期待を寄せ、生瀬も「おそらく出演者の少ない作品だと思うので、人間の会話の妙を堪能していただける作品にしたいと思います」と力を込める。お互いの印象は「変な顔の人…でも意外に紳士。ま、芝居が終わってもともだちでいられたらよいな また 映画に繋がれたら…って」と竹中が語れば、生瀬は「センシティブな方だと…力技を是非とも…失敗を恐れず、竹中さんにぶつかっていきたいと思います」と胸を借りるつもりで挑む。

 新演劇ユニットによる舞台『ヴィラ・グランデ 青山(仮)』は11月11日(金)〜27日(日)に東京・シアタークリエ、12月1日(木)〜〜4日(日)に大阪・サンケイホールブリーゼで上演。そのほか地方公演も行われる。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。