ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年01月25日 15時30分
クリス・マロイ監督 
映画『180°SOUTH』より (C)2009 180°SOUTH LLC. 
映画『180°SOUTH』より (C)2009 180°SOUTH LLC. 

『180°SOUTH/ワンエイティ・サウス』クリス・マロイ監督 「主役はパタゴニア」

 環境問題、サーフィン、ダイビング、登山、キャンプ…森ガールに山ガールも! アウトドアライフに興味のある人なら、間違いなく心の琴線に触れる映画『180°SOUTH/ワンエイティ・サウス』が公開中だ。

 1968年、二人の青年が南米パタゴニアを目指して旅に出た。この旅をきっかけに、二人はそれぞれにアウトドアブランドを創業する。『パタゴニア』の創業者イヴォン・シュイナードと、『ザ・ノース・フェイス』を創業したダグ・トンプキンスだ。あれから40年。二人が残した旅の記録映像を偶然目にしたアメリカ青年ジェフ・ジョンソンらが、先人たちの足跡を追い求めてパタゴニアを目指す新たな旅のドキュメンタリー。

 監督は、サーフィン映像で知られるクリス・マロイ。彼が10年来、温めていた企画だった。カメラマンには、ジュリア・ロバーツの夫としても知られるダニー・モダー。今もなお冒険家にして環境問題にも取り組むイヴォンとダグの素顔にせまりながら、イースター島の美しい夕日やパタゴニアの高峰コルコバド山の壮大なパノラマをカメラに収め、伝説の旅を見事、再現した。

 クリス監督が「パタゴニア」をテーマに映画を撮ろうと思ったのは、「2005年にイヴォン氏とパタゴニアを旅したのがきっかけ」だった。イヴォン氏が目指した当時は人気(ひとけ)がなく、全くの未開地だったパタゴニア。それが、今、いくつもの危機に瀕している。「久しぶりに訪れて、以前とは風景がガラリと変わってしまっているのを目の当たりにしたんです。変化は目の前で起きている。それも、ものすごいスピードで。何かしなきゃと思った」。

 環境問題に対する意識も高いクリス監督は、「言葉で訴えるよりも、映像で示したほうが伝わると思いました。大自然の中へ行ったことがなくても、映像を見るだけで、その場所と人との関係性が生まれる。いつか行ってみたいと思うことで、それがいつか実現するかもしれない。そして、その場に身を置けば、きっと心から自然の美しさを守っていきたいと思うようになるはず。僕は映像を通して多くの人たちに考えるきっかけを与えられればいいと思っています。

 タイトルの『180°SOUTH』は南緯180度のパタゴニアを指しているだけでなく、「人生の中で180度方向転換しなければならない時もあるという意味も重ねてあります」とクリス監督。映画は、ジャック・ジョンソンなどによるアコースティックなサーフ・ミュージックの心地良さの中で、人生を180度変える旅があることを教えてくれる。

 東京・渋谷シネクイントにて公開中、ほか全国順次公開。

【動画】新作続々!映画予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。