ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年12月14日 05時00分
本人役としてドラマデビューを果たす秋元梢 
ドラマ『SHIBUHARA GIRLS』 
場面写真 

千代の富士の次女・秋元梢が“演技なし”でドラマ初主演

 元横綱・千代の富士(現・九重親方)の次女で2009年にモデルデビューした秋元梢(23)が、『SHIBUHARA GIRLS』(MTVで2011年1月8日スタート)でドラマに初出演することが13日、わかった。実在する特定の人物の日常に密着する『リアリティ・ドラマ』で海外で高い人気を誇るが、これが日本初制作。いきなり主演を飾る秋元は「主演という意識はありません。そのままの“秋元梢”の生活を追っています」と冷静に話し「ギャップを見てほしい。強そう、クールそうというイメージが180度印象変わると思います。新たな一面を見てほしい」と期待感をふくらませた。

 同作はプロの役者が演じる通常のドラマと異なり台本が存在せず、キャストの名前、職業、交友関係、そこで起こる出来事など全てがリアル(=ノンフィクション)な作品。オジー・オズボーン一家に密着したドラマなどが代表格だが、今回、日本第1弾として東京・渋谷、原宿に生きるモデルやアーティストのリアルな生活、恋愛、ファッションに着目し、ほかに中国出身のモデル・ソンイ(21)、デビュー目前の歌手・石川マリー(22)、デビュー4年目の歌手・宮脇詩音(20)が出演する。

 新人モデル“秋元梢”としてありのままの自分をさらけ出す秋元は、「私生活を映されるのは嫌だなと思っていましたが(笑)、実際始めてみたら楽しいです」と慣れた様子。「普段の生活のままです。話していることも全て本当に思っていることを話しています」と、異例の一切演技しない女優(?)デビューとなった。

 制作サイドは、秋元を「彼女の持つアジアンビューティーな雰囲気が、日本のみならずアジアに向けてとても魅力的に映る」ことから起用を決定。また、モデルとしては遅咲きともいえる芸能界デビューや、父親が著名人ということから“親の七光り”として取り上げられる彼女の“影”の部分に目を付け「コンプレックスをむしろ正面から受け入れて、これからの糧とし、さらに飛躍していってほしい」とエールを送った。

 撮影はすでに始まっており「長い時には朝8時くらいから、スッピンで仕事に向かうところから夜中まで密着している日もあります。スッピンはいくらでも平気ですよ!」とあっけらかん。父親にもドラマ出演の報告は済んでいるといい「ドラマを観られるのは構わないけど、一緒には観たくないですね」と照れ笑いをみせた。

 ドラマ『SHIBUHARA GIRLS』は、MTVジャパンで2011年1月8日(土)深夜25時より放送開始。台湾、中国、韓国、シンガポール、マレーシア、フィリピンなどアジア16ヶ国・地域でのオンエア配信も決定しており、秋元にとってはアジアデビューといえる作品になった。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。