ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年09月17日 18時30分
会見に出席した(左から)山本浩二氏、星野仙一氏、田淵幸一氏(※クリックで全身ショット) (C)ORICON DD inc. 
当日使用される各12球団スペシャルデザインのdynabook 
『2010年新人選手選択会議』のロゴ 

2010年『プロ野球ドラフト会議』 デジタル化でスピードアップ実現へ

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 10月28日に行われる『2010年 プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA』の要項発表記者会見が17日、開催場所となる東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた。昨年は初の試みとして1000人のファンを招待し、透明の抽選箱を採用するなど“開かれたドラフト”に挑戦しているが、これが好評だったことから今回も継続する。加えて今年は、会議のスピード化を図るために手書きによる指名選手記述を取りやめ、各球団のテーブル上に設置されたノートパソコンで選手を選択。長きにわたって様々なドラマを生み出してきたドラフトも“デジタル化”の流れに乗る。

 会見ではNPB(日本プロフェッショナル野球機構)加藤良三コミッショナーのあいさつ後、1968年のドラフト1位としてセ・リーグの各球団に入団した星野仙一(当時・中日)、山本浩二(同・広島)、田淵幸一(同・阪神)の3氏がトークを展開。それぞれ監督経験者としての目線で、今回の目玉である“ハンカチ王子”こと斎藤佑樹投手(早大)をはじめとする注目選手についてや、見どころを語った。

 山本氏が、斎藤投手に向けて「プロ野球界のためにも是非入団して欲しい」と想いを語ると、阪神のオーナー付シニアディレクター(SD)という立場でもある星野氏は「わかんないよ〜」。田淵氏から「阪神、狙っているの?」と突っ込まれると「う〜ん、それは言えないなぁ〜」とニンマリ微笑んだ。大学時代からの仲間で気心が知れた3氏は、時折脱線しながらも和やかなムードで、変貌を遂げるドラフト会議をアピールしていた。

 今年のドラフトは、関係者が「ここ15年近く、記憶に無い」というほど久々に、TBS系が全国ネットで生中継を実施。また報道陣からはパソコンが故障した場合の対処についての質問もあったが、これについては「一応、紙での選択記述も出来るよう準備すると思います」と説明していた。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。