ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年09月13日 10時00分
初登場で1位を獲得した池上彰  
徐々に順位を挙げ初のTOP3となったマツコ・デラックス (c)oriconDD.inc 
首位の座を譲った3位のテリー伊藤 (c)oriconDD.inc 

第4回「好きなコメンテーター」ランキング、池上彰が初のTOP10入りで首位

■ランキング結果

 ニュース番組や情報番組で報道内容を独自の視点でとらえ、視聴者に伝えるコメンテーター。彼らの存在は番組には不可欠であり、時にその発言が世論に影響を与えることも少なくない。そこでORICON STYLEでは、今年で4回目となる恒例『好きなコメンテーターランキング』を発表。元・NHKアナウンサーの経歴を持ち、現在フリージャーナリストとして活躍する【池上彰】が初のTOP10入りを果たし、堂々の首位を飾った。2位には圧倒的な存在感ときわどい発言で情報番組からバラエティまで活躍の幅を広げる【マツコ・デラックス】、そして3位には同ランキングを2連覇している【テリー伊藤】がランクインした。

 1973年NHKに入社し、2005年まで局を代表するアナウンサーの1人として活躍した池上。同局の『週刊こどもニュース』で“ニュースに詳しい父親役”として出演し、丁寧な解説と柔和な人柄が相まって「説明が丁寧でわかりやすい。口調が穏やか」(愛知県/20代/男性)と好感度が高まった。退社後は『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)に出演し、普段ニュース番組を見ない視聴者からも知名度が急上昇。「経済ニュースをあんなにわかりやすく解説して教えてくれるのはあの人しかいません」(神奈川県/30代/女性)と“分かりやすい解説者”として親しまれ、現在は『池上彰の学べるニュース』(テレビ朝日系)と冠番組を持つほどの人気ぶりだ。

 今回の1位という結果に池上は、「選ばれたのは名誉ですが、私は内容のあるコメントなどできそうもありません」と、普段の池上らしい謙遜した様子をうかがわせるコメント。「あくまで“ニュースの解説者”でありたいと願っています」と、視聴者目線に立って疑問に応えるという、ジャーナリストとしての姿勢を明かしている。

 そして2位に急浮上したのは、首位の池上とは真逆ともいえるスタンスでメディアに登場するタレント【マツコ・デラックス】。雑誌『バディ』(テラ出版)の編集者を経てコラムニストに転身、その後情報番組『5時に夢中』(TOKYO MX)にレギュラー出演。芸能界から政治経済、時事問題まで、一貫して辛口かつ過激すぎるキャラクターを崩さない姿勢は「歯に衣着せない所がいい」(神奈川県/20代/女性)と支持を受けた。「報道の仕方までズバリと批評するところがとても好き」(広島県/20代/女性)、「過激すぎる発言もあるけど同感だなと思う」(東京都/20代/男性)と、おそらく番組共演者たちからも “そこまで言うの!?”と驚くような過激発言が、視聴者の心を掴んだようだ。

 3位には同ランキングの常連といえる【テリー伊藤】が登場。「批判してもちゃんとした理由をもっての批判だと思うし、ほめる時はしっかりほめているのもいい」(岩手県/20代/女性)と、昨年に引き続き“好感が持てる辛口コメント”が支持理由の大半を占めた。同様の理由で、5位には今月末で読売テレビを退社しフリーとなる【辛坊治郎】、8位に評論家【宮崎哲弥】、10位に漫画家【やくみつる】が挙がっている。また、紅一点として9位にタレント【眞鍋かをり】が今年もランクイン。グラビア出身のルックスと国立大学出身というインテリジェンスな一面に加え、「的確な点をついているから」(広島県/10代/男性)と、瞬発力を持った鋭いコメントが得票の要因となっている。

 親しみやすい解説者から、鋭くも的確な辛口コメントで知られる知的タレントなど、それぞれの個性が反映された同ランキング。独自の視点と観察力による解説でニュースの信頼性・信憑性を高め、時に意表を突くコメントで視聴者をうならせるコメンテーターの発言は、影響力があるからこそ、たった一言で非難の対象にもなる危うさもはらんでいる。だからこそ、彼らの真摯な言葉が多くの視聴者を魅了することはいうまでもない。



【調査概要】
調査時期:2010年8月12日(木)〜8月17日(火)
調査対象:合計1,000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代〜40代の男女各125名)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査


>>過去の「好きなコメンテーター」ランキング
■2009年■2008年■2007年



芸能人
事典
名前 昨年
順位
最新記事
【池上彰】
(60歳/ジャーナリスト)

(―)
 ■“冠”選挙特番司会に意気込み
【マツコ・デラックス】
(37歳/コラムニスト)

(4位)
 ■イケメンを見ても「やっぱ長友」
【テリー伊藤】
(60歳/演出家)

(2位)
 ■テリー伊藤が映画監督デビュー
【デーブ・スペクター】
(―/放送プロデューサー)

(1位)
 ■第3回「好きなコメンテーター」
【辛坊治郎】
(54歳/タレント)

(―)
 ■辛坊治郎のテレビ出演情報一覧
【森永卓郎】
(53歳/経済評論家)

(6位)
 ■第2回「好きなコメンテーター」
【ビートたけし】
(63歳/タレント)

(―)
 ■仏芸術文化勲章受章を凱旋報告
【宮崎哲弥】
(47歳/評論家)

(3位)
 ■第1回「好きなコメンテーター」
【眞鍋かをり】
(30歳/タレント)

(6位)
 ■眞鍋、損害賠償3億円求められる
【やくみつる】
(51歳/漫画家・タレント)

(―)
 ■博学だと思う芸能人TOP10

■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



話題のニュースを一気読み『写真付き☆今日のNEWS』  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。