ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年07月06日 12時00分
エイベックスとの専属契約を発表したHi-STANDARD ボーカル&ベースの難波章浩  Photo : Terumi Fukano 
激しいライブパフォーマンス  Photo : Terumi Fukano 
コンピレーションアルバム『ロック・スティッチ』に『Hawaiian Roller CoasterRide』ロックカバーで参加が決定 

Hi-STANDARD・難波章浩がエイベックスと専属契約

■その他の写真ニュースはこちら

 1990年代に日本のメロコアブームを牽引した3人組バンド・Hi-STANDARD(活動休止中)のボーカル&ベースの難波章浩 (40)が、芸能事務所大手エイベックスと専属契約を結んだことが5日、わかった。7月28日に同社のディズニーレーベル<Walt Disney Records>から発売されるコンピレーションアルバム『ロック・スティッチ』に「Hawaiian Roller CoasterRide」のロックカバーで参加する。

 “ハイスタ”の愛称で知られ、キャッチーなメロディに全編英語詞など、メロコア/メロディックパンクと呼ばれるムーブメントの火付け役となった彼ら。もともとグリーン・デイオフスプリング、NOFXら海外バンドとの共演も多かったが、今回、「日本のみならず再び海外進出をも視野に入れた本格的な音楽活動を再開」するに当たって、マネジメント力に定評のあるエイベックスとの契約に至ったという。

 2000年に千葉マリンスタジアムで行われた伝説のロックフェス『AIR JAM 2000』を最後に、ハイスタは活動休止。難波は沖縄に移住した。2005年に呉我音響を設立し、V2 RECORDSと契約。“TYUNK、“なんばあきひろ&宇宙船地球号”名義でシングルを同時発売し、2006年にULTRA BRAiN名義でシングルやアルバムを発表するなど精力的に活動を続け、今年3月にはソロ歌手“難波章浩-AKIHIRO NAMBA-”として、ハイスタ時代に一時期所属していた古巣のトイズファクトリーからミニアルバム『THE WORLD iS YOURS!』を発売した。

 1999年にインディーズレーベルを設立するなど、昨今のインディーズブームの先駆者としても音楽シーンに大きな足跡を残してきたハイスタだが、難波は世界を相手にするため再びメジャーとタッグを組んだことは大きな話題を呼びそうだ。8月にはハイスタ以来10年振りに『FUJI ROCK FESTIVAL』に参戦することが決まっており、『RISING SUN ROCK FESTIVAL』など各地の大型ロックフェスにも出演する。アーティスト活動と並行して「プロデュース活動にも力を入れていく予定」としており、今後、その動向が注目される。


 Green DayThe Offspring

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。