ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年06月11日 05時00分
ドラマデビューする貴乃花光司氏(Photo by nanako nishiyama) 
連ドラ初主演の佐々木希 

貴乃花親方がドラマ初出演!! 佐々木希主演『土俵ガール!』で校長役

■その他の写真ニュースはこちら

 第65代横綱で、貴乃花部屋師匠及び日本相撲協会理事の貴乃花光司氏が、モデルで女優の佐々木希が初主演する連続ドラマ『土俵ガール!』(TBS系)でドラマ初出演することが10日、わかった。親方は相撲部員役の出演者にクランクイン前に自ら稽古をつけるなど、同作に“相撲監修”として参加しているが、その存在感に惹かれたスタッフが出演を依頼し実現。親方は「将来はVシネマ出演を目指します!(笑)」と俳優業に意欲を見せている。

 同作は佐々木演じるファッションモデル・若林光が、廃部寸前の相撲部を立て直すべくコーチとして奔走するスポ根コメディドラマ。親方は第3話で、光率いる相撲部が練習試合を挑む強豪校の校長先生役で登場。監修として演者たちに相撲の稽古をつけた親方は「一生懸命で、思った以上によくやっていて、みんなのまなざしが良かったのが印象的でした」とひた向きな姿勢に感銘を受けたようだ。

 親方との共演に主演の佐々木も「収録前なのでまだお会い出来ていませんが、貴乃花親方の姿をテレビで拝見していたので、今回はお会い出来るだけで光栄です。親方の迫力に負けない様、一生懸命頑張りたいです」と文字通り胸を借りる覚悟の様子。

 今回、親方の起用を決めた番組プロデューサーは「現役時代には圧倒的な強さで相撲ファンを魅了された貴乃花親方ですが、今回初めてお会いし、道を成し遂げた人物ならではのオーラをひしひしと感じました。ドラマ出演の際にも、その魅力を自然体で発して頂ければと期待しています」と“がっぷり四つ”で演出する姿勢を見せている。

 貴乃花親方は、元大関・貴ノ花利彰、元女優・藤田憲子の次男として誕生。1988年に兄の勝(元横綱若乃花、現タレント・花田勝)と藤島部屋に入門。優勝22回を果たし、“平成の大横綱”と称された。03年に現役を引退し04年に二子山部屋を継承。名前を貴乃花部屋に変更し、親方として後進の指導にあたる。10年2月には、日本相撲協会理事に当選した。


★編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック!  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。