ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年06月08日 20時30分
(左から)渡辺喜美氏、似鳥昭雄氏、榊原英資氏、佐藤隆太、野口健氏 (C)ORICON DD inc. 
佐藤隆太 (C)ORICON DD inc. 
渡辺喜美氏 (C)ORICON DD inc. 

“新米パパ”佐藤隆太らが『ベストファーザー賞』に選出

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 その年の“最も素敵に輝くお父さん”を選出する『第29回 ベスト・ファーザー イエローリボン賞』の授賞式が8日夕、都内で行われ、俳優の佐藤隆太(芸能部門)や原口一博衆議院議員(政治部門)らが受賞した。昨年11月に第1子のパパとなった佐藤は、現在7か月の女児の笑顔を見ると仕事に対して気合いが入るといい、「新米の父親なので(賞を)頂いていいものか…。嫁、娘には家で『ベストファーザーじゃない!』と言われないように頑張りたい」とあいさつした。

 「明らかに守る存在が増えた。賞を頂いて感激しています!」と満面の笑顔で語った佐藤は、多忙にもかかわらず、しっかりと子育てにも参加しているようで「やっぱり楽しい。もう少し大きくなったらもっと(成長が)楽しめると思います」。自身の理想とする父親像を聞かれると「家族のために100%の仕事を外でしてくることですかね」と、力強くコメントし会場を沸かせた。

 原口議員と同じく政治部門で選出された渡辺喜美衆議院議員は、妻からは、早朝から深夜まで休むまもなく働き“父親”としての働きが足りていないとされ「『あんた(賞を)返してこい!』と言われた」と苦笑い。それでも、自民党を離党した時の苦しい局面においても家族の支えがあり、何とか乗り越えられたと感謝した。そして「今の“家族”の支持率は30%ぐらい。まだ、伸びる余地はたくさんある!」と、本業同様こちらの数字も積み重ねていくことを強調した。

 日本メンズファッション協会、日本ファーザーズ・デイ委員会が1982年より展開する同賞。6月の第3日曜日『父の日』を記念し、父親への感謝を黄色いリボンで表すキャンペーンの一環として行われている。このほか経済部門ではインテリア量販店・ニトリの似鳥昭雄社長、学術・文化部門では青山学院大学教授の榊原英資氏、スポーツ部門ではアルピニストの野口健氏がそれぞれ受賞した。なお、同日夜に発足する新内閣に総務大臣として再任される原口議員は数分間滞在し受賞を喜ぶと、すぐに会場を後にした。

◆過去の授賞式もチェック!
2009年2008年2007年


★編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック! 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。