ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年06月08日 13時20分
『シルシルミシル』がゴールデン進出!(写真は司会のくりぃむしちゅー) 
番組でも人気のAD堀くん 
番組収録の模様 

『シルシルミシル』がゴールデン進出! 従来放送枠そのままに“週2放送”

■その他の写真ニュースはこちら

 情報バラエティ番組『シルシルミシル』(テレビ朝日系)が、『シルシルミシルさんデー』(7月4日後7時〜)として日曜日の“ゴールデン枠”に進出することが7日、わかった。従来の水曜後11時15分からの放送枠はそのまま継続され、今後はバラエティ番組としては異例の週2回放送となる。MCを務めるお笑いコンビ・くりぃむしちゅーは「今回の試みは画期的なことだと思いますよ!」とコメントを寄せ、「とってもおいしいです」のフレーズでおなじみの人気AD堀くんも「深夜の番組しか担当したことがなく、ゴールデンがどんなものか知らないんですけど、今まで通り楽しくやりたいです。ロケも増えると思いますがこれ以上太らないように気をつけます」と嬉しい悲鳴をあげている。

日常生活で身近な企業への密着取材や視聴者の素朴な疑問に答える「すぐ調べる課」、AD堀くんによる外食激戦区の“お初探し”コーナーなど人気企画を生み出してきた同番組。今回の画期的な“週2”放送に、くりぃむしちゅーは「再放送でもありません」と笑いを誘いつつも「我々も全力で頑張りますので、ぜひ両方ご覧ください!」と“新天地”への挑戦に気合い十分だ。  ゴールデン枠の新企画には、内閣の“業務仕分け”が注目されるなかで、さまざまなジャンルで仕分け調査を敢行する企画や、大物女優・朝丘雪路が調査員となって自らが店と撮影交渉し、日本各地の隠れた絶品料理の名店をその土地のタクシードライバーを頼りに調査するロケ企画などを用意。そのほかにも、ちまたにあふれかえる“メイドインチャイナ”製品に目をつけ、初潜入する中国の工場で日本の工場との違いを紹介したり、かつて一世を風靡した商品、場所など“流行遺産”の現在を追う企画などが登場する。

現在の放送枠で1年半の間、同番組を支え続けてきた鈴木忠親プロデューサーは幅広い層の視聴者に支持されての“ゴールデン枠昇格”を受け、「今とは違う時間に放送するのは未知数ですが、新しいチャレンジだと思って精一杯やります!」と意気込む。さらに「週の半ばにゆったりと観ていただいていたときの“身近感”はそのままに、家族みんなで楽しんでもらえるテーマを取り上げていきたいと思います」と展望を明かしている。


★編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック!  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。