ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年06月07日 13時30分
さくらまやが銀幕デビュー (C)2010 劇場版「怪談レストラン」製作委員会 
お菊ちゃん(イラスト) (C)2010 劇場版「怪談レストラン」製作委員会 
映画初主演の工藤綾乃 (C)2010 劇場版「怪談レストラン」製作委員会 

演歌少女・さくらまやがお菊人形役で映画初出演

■その他の写真ニュースはこちら

 演歌歌手・さくらまや(11)が、小学生に人気の児童文学の劇場版『怪談レストラン』(落合正幸監督、8月21日公開)で銀幕デビューを飾る。怪奇現象に巻き込まれ、お菊人形のお菊ちゃん(切っても切っても伸びてしまう髪の毛に困っているお化け)にされてしまうという役どころ。縄跳びをするシーンでは童歌の「一羽のカラス」を披露し、「(映画は)初めてで緊張していましたが、楽しくできました。(歌を歌うシーンでは)演歌調に歌ってみました」とハマリ役にご機嫌だ。

 昨年、話題を集めた少女の強力タッグが実現した。劇場版オリジナルの主人公・ハルを演じるのは、第12回全日本国民的美少女コンテストでグランプリとモデル部門賞をダブル受賞した工藤綾乃。彼女にとっても映画初主演作となる。

 さくらが演じるのは、ハルの妹・マイ役で、活発で負けん気の強くお化けにも怖がらずに立ち向かっていくキャラクター。「私にぴったりだなーと思いました」と話すさくらは、「もし自分がお菊ちゃんのように髪が伸び続けたらギネスブックに載りたいです。非常事態の時にも髪を三つ編みにしてロープのかわりにして人命救助ができるかもしれない。お菊ちゃんの髪の毛はそれくらい迅速に伸びるんです」とユニークなコメント。

 原作は『いないいないばあ』などで知られる、松谷みよ子の児童文学。1996年に刊行が始まり、現在シリーズ50巻にまで達するベストセラーとなっている。テレビアニメとしても親しまれており、劇場版はアニメ+実写というスペシャルバージョン。“死神メール”によって起きた謎の連続失踪事件をめぐり、TVアニメに登場するキャラクターのアコ、ショウ、レイコと、工藤演じる・怪奇探偵ハルが活躍するストーリー。俳優・西村雅彦、お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志、山根良顕、響の長友光弘らが共演。

◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。