ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年06月07日 18時55分
キングコングの西野亮廣 (C)ORICON DD inc. 
自身初のサイン会を実施 (C)ORICON DD inc. 
(C)ORICON DD inc. 

キングコング西野、処女小説発売 15万部売れたら「コンビ解散」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 お笑いコンビ・キングコング西野亮廣(29)が7日、都内書店で初の小説『グッド・コマーシャル』の発売記念サイン会を行った。元々、舞台のシナリオ用に西野が執筆していたものを1年近くかけて再構成、執筆した。出来について「100点! そうじゃないと申し訳ない。キングコング(のネタ)より面白いです!」と自信満々の西野は、14〜15万部売れた時点で“コンビ解散”と宣言。驚く報道陣をよそに「(解散は)狙っています! (今後は)小説を書きつつ、ピン芸人としての道を歩みたい」などと語り、最後には再び「解散したいんですよ!」と念を押した。

 昨年、自身初の出版物となった絵本『Dr.インクの星空キネマ』を発表するなど“作品を残す”ことに強いこだわりを持つ西野は今回、立てこもり事件を起こしたゴーストライターを主人公にして、勘違いから始まる“難事件”をどうにか乗り越えようとする青春サスペンスを描いた。著書は5月下旬より発売され、すでに増刷が決まるなどしているという。

 キングコングといえば、現在ゴルフにハマっている相方・梶原雄太がM-1グランプリ開催会見の際、優勝できなかったら夫人と「離婚する!」と2年連続で宣言し“公約不実行”の過去がある。今回は、西野まで大胆な発言をしたことから報道陣も色めき立ったが「(梶原は)料理の腕がいいので、加藤浩次さんのお店で働くか、プロゴルファーにでもなればいい」とバッサリ。この日は“人生初”となるサインも披露して、さらなる増刷を祈願した。

 西野は“相方”との関係について「あいつとは、おいおい距離をとっていきたい…」などと言及。自ら掲げた解散の“ボーダーライン”となる14〜15万部については「大富豪の方が全部、買っていただいてもいい! 小説として、2冊目が出せるぐらい売れたら嬉しい」とニンマリだ。

 笑いを巻き起こして日本をひっくり返す『日本列島ドンガラガッシャン大作戦』をぶちあげ、ブログなどでストイックなまでに笑いを追求する姿勢を綴っている西野だが、30歳の誕生日を迎える来月3日を機にブログを閉鎖するとかねてより公言。「芸歴を重ねてきて、モノも言いやすくなってきた。でも“ご意見番”みたいなのになるのは…自分のことをベラベラしゃべるのはよくないと思いました」と閉鎖理由を説明していた。

◆関連ニュース一覧 よしもと芸人芸能人の初挑戦


★編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック! 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。