ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年05月30日 06時00分
『MTV WORLD STAGE VMAJ』で3年連続3冠受賞を達成したEXILE (C)ORICON DD inc. 
キレのあるパフォーマンスを披露 【写真提供:MTV JAPAN】  

EXILE、史上初の3年連続『MTV』3冠受賞 今後は「アジアに挑戦していく」

■その他の写真ニュースはこちら

 今年で9回目を迎えた、音楽専門チャンネルMTVの音楽授賞式『MTV WORLD STAGE VMAJ 2010』が29日、東京・国立代々木競技場で開催され、人気グループ・EXILE が史上初の3年連続3冠に輝いた。リーダーのHIROは「3年連続でこのような賞、大変光栄で嬉しく思う。今年、来年にかけて、EXILEのエンターテインメントを広げるべくアジアに挑戦していくので、アジアの人々に知ってもらいたい」と、喜びと共に今後の展望を語った。

 視聴者投票によって洋楽・邦楽を問わずさまざまなカテゴリーにおいて年間で最も優れたミュージックビデオを表彰する同授賞式。アジアへの挑戦を口にしたEXILEは「これからも歌とパフォーマンスでポジティブなパワーを伝えられるように、見せていきたい」(MAKIDAI)と力強く語った。

 昨年、音楽賞の新人賞を総なめにした韓国5人組グループのBIGBANG も2冠を受賞。「嬉しいです」と日本語でコメントし、ヒット曲「ガラガラ GO!!」を熱唱した。なお、メンバーのG-DRAGONにおいてはw-inds.とのコラボ楽曲でも受賞しているため3冠となる。加藤ミリヤ も、清水翔太 とのコラボ楽曲「Love Forever」の受賞を含めて2冠で「信じられないくらい嬉しい」と感激の面持ちだった。

 EXILEの「24karats STAY GOLD」で幕を開けた同授賞式は、BIGBANG、加藤ミリヤ、Superfly 、w-inds.らがライブを展開し、集まった1万人のファンを魅了。会場にはゲスト・セレブリティとしてCHEMISTRY福原美穂平子理沙ICONIQライセンス魔裟斗南明奈MINMISCANDAL湘南乃風田中美保若槻千夏らも登場し、華を添えた。

◆『MTV WORLD STAGE VMAJ 2010』受賞作品は以下の通り。

最優秀男性アーティストビデオ賞 清水翔太『美しき日々よ』
最優秀女性アーティストビデオ賞 安室奈美恵『FAST CAR』
最優秀グループビデオ賞 東方神起『Share The World』
最優秀新人アーティストビデオ賞 BIGBANG『ガラガラ GO!!』
最優秀ビデオ賞 EXILE『ふたつの唇』
最優秀ロックビデオ賞 Superfly『Dancing On The Fire』
最優秀ポップビデオ賞 BIGBANG『声をきかせて』
最優秀R&Bビデオ賞 加藤ミリヤ『Aitai』
最優秀ヒップホップビデオ賞 KREVA『瞬間 speechless』
最優秀レゲエビデオ賞 HAN-KUN『KEEP IT BLAZING』
最優秀ダンスビデオ賞 LADY GAGA『Poker Face』
最優秀映画ビデオ賞 JUJU with JAY’ED『明日がくるなら』
最優秀コラボレーションビデオ賞 w-inds.×G-DRAGON(BIGBANG)『Rain Is Fallin』
最優秀アルバム賞 EXILE『愛すべき未来へ』
最優秀カラオケソング賞 加藤ミリヤ×清水翔太『Love Forever』
アジア・アイコン・アワード EXILE
最優秀ミュージック・ビデオ監督賞 児玉裕一



 EXILEBIG BANG加藤ミリヤSuperfly福原美穂南明奈MINMISCANDAL湘南乃風若槻千夏CHEMISTRY清水翔太

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。