ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年05月29日 17時00分
井筒和幸監督がジャルジャル・後藤淳平に「靴が違う」(C)ORICON DD inc. 
井筒和幸監督(C)ORICON DD inc. 
ジャルジャル・後藤淳平(C)ORICON DD inc. 

井筒監督、ジャルジャル・後藤の「靴が違う」とキレる

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 井筒和幸監督3年ぶりの新作『ヒーローショー』が29日に公開初日を迎え、東京・角川シネマ新宿で監督、キャスト計13人が舞台あいさつを行った。主演の人気お笑いコンビ・ジャルジャル後藤淳平、福徳秀介)は劇中衣装で登場したが、後藤に向けて井筒監督が「靴、違うぞ」とキレると会場は大爆笑。その後も“靴”に執着し続けた井筒監督だったが、どうやら照れ隠しだったようで「たくさんの方に観に来ていただいて、感無量です」と感謝しつつ、「悲惨な映画だけど、何か心の中にあるものを引きずり出したようなことになって、なんだかんだと語りたくなるでしょう」と自信をにじませた。

 後藤は「去年の夏、大変な思いをして撮りまして、体当たりで演技して、このような素晴らしい映画、問題作が出来上がって、初日にたくさんの人が集まって…、うわ〜」とあいさつ。福徳は「ハードな撮影でしたが、無事完成しまして、皆さんの前に届けることができて心から…」と泣く素振りを見せて「ワッハッハッハッハー」と高笑い。ふたりとも軽くスベっていたにもかかわらず、客席にはなぜか涙をこぼす多感な女性も見受けられた。

 ジャルジャルと同じ吉本興業に所属する女優・ちすんが「撮影前、ジャルジャルを知らなかったので、テレビでも全く見たことなくて、ネットで調べて、どっちが私の恋人役かな〜と思っていた」とジョーク混じりに話すと、ジャルジャルの2人は「どっちがよかったの?」とマジになって質問。「どっちでもよかった」というちすんの言葉に少し傷ついているようだった。

 同作は、都会で夢にもバイトにも真剣になれないユウキ(福徳)と、田舎で恋人と店を開くため調理師免許を取ろうとしている元自衛官の勇気(後藤)が主人公。お互い見ず知らずの2人の“ゆうき”が、女を巡る仲間内の争いから凄惨な暴力事件に巻き込まれていく。R15指定。

 舞台では満員御礼のくす玉割りも行われた。ほかにRUN&GUN(米原幸佑、永田彬)、桜木涼介、林剛史、阿部亮平石井あみ松永隼、落合扶樹、ジェントル(ミルククラウン)も登壇した。

◆関連ニュース一覧 映画映画インタビューよしもと芸人


★編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック! 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。