ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年05月25日 06時00分
つるの剛士がナレーションに初挑戦 
ドキュメンタリー映画『うまれる』は今秋に公開予定 

つるの剛士がナレーション初挑戦 一男三女への思い吹き込む

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 タレントのつるの剛士が今秋公開のドキュメンタリー映画『うまれる』(豪田トモ監督)でナレーションに初挑戦することが24日、わかった。出産をめぐる家族のドラマを1年以上かけて撮影した同作だが、まさにその撮影中の昨年11月に、つるのには第4子となる女児が誕生。今年1月から育児休暇を取ったことでも注目されたつるのに、「優しい父としての包み込むような声で語っていただきたい」という豪田監督のラブコールが実った。つるのは、7月に予定されているナレーション収録で、一男三女のパパとしての思いを吹き込む。

 テレビ・映画含めて、つるのが本格的にナレーションを担当するのは、今回が初めて。“おバカキャラ”でのブレイク以来、いまや一男三女の父で、2009年度のベストファーザー賞を受賞するなど、家族を愛する良きパパとして活躍の場を広げている。

 そんなつるのに共感する豪田監督は「妊娠・出産というと、女性の聖域的なところがありますが、1つの命を産み、育てるという究極の命題は、自身の生き方が問われる事でもあり、性別に関係なく、男性にも出来る事がたくさんあるのではないかと思っていました」。今回の映画本編では、男性が苦闘し、活躍する様子も多く描かれるという。豪田監督は「“命は尊い”と頭では分かっていることを、心で感じていただきたい」と作品への思いを語った。

 同作は子供たちの胎内記憶をモチーフに、妊娠から出産までの様子、また出産と隣り合わせにある不妊や流産、死産など命と向き合っている人々に1年以上かけて追った。昨年の1月に企画を立ち上げ、WEBサイトで出演する妊婦を募集し、約200人の応募の中から、4組の家族を取材した。ドキュメンタリー映像を通して人間が産まれてきた意味や家族のあり方、そして命の尊さを問いかけていく。完成は8月中旬予定。今秋、東京・シネスイッチ銀座ほかで全国ロードショーを予定している。

◆関連ニュース一覧 最新映画ニュース映画インタビューおめでた・出産


 つるの剛士羞-shu-(つるの剛士)羞恥心

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。