ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年05月18日 16時55分
キマグレンの(左から)KUREIとISEKI (C)ORICON DD inc. 
佐藤ありさ (C)ORICON DD inc. 
(左から)佐藤ありさ、崎本大海、徳澤直子、キマグレンのKUREIとISEKI、園田俊郎監督 (C)ORICON DD inc. 

チョイ役だけど・・・キマグレンが映画初出演! 今後の俳優業への意欲十分

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 2人組ユニット・キマグレンが18日、都内で行われた映画『リメンバーホテル』のプレミア試写会に、トリプル主演を務めたモデルの徳澤直子、俳優の崎本大海佐藤ありさと共に出席した。同作で“チョイ役”ながら映画初出演を果たしたキマグレンは、報道陣から俳優業への意欲を聞かれると「挑戦してみたいとは思いますね。自分の性格に合うものより、違うものをやりたい。悪役とか、チンピラ役とか」(KUREI)、「海の家のお兄ちゃんとかを演じてみたいな」(ISEKI)とそれぞれ思いを馳せた。

 キマグレンの新曲「リメンバー」(6月16日発売)などの世界観を映画化した同作。ISEKIは「僕らの音楽を(劇中でも)多用してもらって、物語とマッチしていて(心に)グッと入るものがあった。歌詞を書く時って、本当は長いメッセージを書きたいけど削っているので、曲がいろんなことを通して広がっていけばいいな」と、楽曲とはまた別の形でメッセージが拡大していくことに期待した。

 同作は、昔からの夢だった海外赴任と恋人との結婚の間で揺れる田中奈緒美(徳澤)が、旅先で財布を亡くし途方に暮れた矢先に、偶然通りかかった田上浩二(崎本)に招待されて宿泊した“リメンバーホテル”が舞台となる。奈緒美は、恋人を亡くし歩けなくなってしまう山内絵梨(佐藤)と触れ合いながら人生の選択と向き合っていく。

 映画初主演の徳澤は、この日初めて作品を通しで見て感激の面持ち。「感情移入しやすい役で、やりやすかった。奈緒美は行動的な女の子なので、憧れますね」としみじみ語った。崎本は、佐藤との共演シーンを振り返り「抱きしめるシーンがあるんですけど、僕にとって初めての経験で。光栄でした」と深々と頭を下げ、佐藤らを笑わせていた。

 『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2009』ミュージックショート部門で最優秀賞を獲得した園田俊郎監督が手掛けた映画『リメンバーホテル』は今夏公開。

◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー


 キマグレン

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。