ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年05月12日 10時00分
最も面白いと思うピン芸人は1位バカリズム 
2位のなだぎ武(ザ・プラン9) (C)ORICON DD inc. 
3位の友近 (C)ORICON DD inc. 

最も面白いと思う“ピン芸人”、1位バカリズム「僕のようなゴミクズ芸人が…」と自虐

■最も面白いと思うピン芸人TOP10

 コントやモノマネに漫談など、さまざまなスタイルで1人舞台に立ち続けるピン芸人のなかで、今最も注目されている“ピン芸人”は誰なのか? ORICON STYLEでは「面白いと思うピン芸人は?」というアンケートを実施したところ、1位に躍り出たのは【バカリズム】だった。“トツギーノ”のフレーズが耳に残るフリップを使ったネタをはじめ、独創的な世界観の構築は唯一無二と支持された。これを受けバカリズムは「まさか僕のようなゴミクズ芸人が1位に選ばれるなんて…」と、冗談とも本気ともつかないコメントを発表。さらに「迷惑をかけないように精進します」と、今回の結果に対し“自虐キャラ”を貫いた。

 地図に描いた都道府県を持ってみたり、卒業式で先生から“贈るほどでもない”言葉が発せられるなど、常に独自の着眼点と斬新な切り口で見る側を圧倒してきたバカリズムには「ネタに破壊力がある」(千葉県/20代/男性)と男女を問わず絶賛の声。昨年12月には『大喜利芸人日本一決定戦 IPPONグランプリ』(フジテレビ系)で、千原ジュニアら並みいる先輩芸人を抑え、優勝を勝ち取った実力者であり、今後もさらに新ネタが注目されている。

 今回の1位獲得にあたり感想を求めると「この度は僕のような糞芸人を1位に選んでいただきありがとうございます。まさか僕のようなゴミクズ芸人が1位に選ばれるなんて思いもしませんでした。『お下劣悪臭芸人部門』なら1位に選ばれてもおかしくないのですが、そうではないみたいなので正直驚きました。とはいえ、僕みたいなものはド腐れ汁ぽたぽた芸人なので、これからもみなさんに迷惑をかけないように、精進していきたいと思います」。きわどい“喜びコメント”を発表した。

 大接戦で2位につけたのが【なだぎ武】。ユニットのザ・プラン9のメンバーでありながら単独での活躍も目覚しく『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)で07年、08年で2連覇を達成するなど、ピン芸人としての実力はすでに折り紙つき。「キャラの作り方や構成がずば抜けていると思う」(京都府/30代/女性)と女性ファンが多く、男女別でみると女性からの支持は1位となった。そして3位には女性芸人【友近】が登場。「特徴を掴んだモノマネやキャラクターが面白い」(広島県/30代/女性)と、こちらもキャラ作りが支持された。

 このほかに本年度『R-1』で悲願の優勝を飾った【あべこうじ】は6位に浮上。「漫談のみで勝負しているところが好き」(兵庫県/10代/女性)と、音楽や映像など小道具を一切使わずマイク1本で同大会を制した話芸に賞賛の声が挙がった。さらに7位にレオタード姿で自虐ネタを披露する【いとうあさこ】、8位にはコントからモノマネ、踊りまでこなす芸達者【エハラマサヒロ】がTOP10入りしている。

 今年の『R-1』決勝戦のファイナリストの名前が10人中5人を占め、改めて“ピン芸人”とうジャンルが注目されていることを実証した今回のアンケート。個性派勝負のネタからキャッチーなフレーズで存在感をアピールする芸人、または正統派漫談など笑いのスタイルは千差万別だが、1人だからこそネタのふり幅は自由自在。今後もたった1人で舞台に立ち続けるピン芸人たちがどのようなネタでブレイクし自身の路を切り開いていくのか? 期待を寄せずにはいられない。

【調査概要】
調査時期:2010年4月22日(木)〜4月26日(月)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員のお笑いに興味がある10代〜40代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査

>>最も○○な芸人ランキング
■一緒に買い物したい家電芸人■“しゃべりの達人”
■“勝負強い”お笑い芸人■好きな女性芸人TOP10



■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



話題のニュースを一気読み『写真付き☆今日のNEWS』  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。