ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年05月06日 18時00分
草刈民代 (C)ORICON DD inc. 
(C)ORICON DD inc. 
(C)ORICON DD inc. 

『龍馬伝』寺田屋の女将に草刈民代 龍馬生母とのWキャストに「やらねばならぬ」

■その他の写真ニュースはこちら

 NHK大河ドラマ『龍馬伝』で、福山雅治演じる坂本龍馬が定宿する船宿「寺田屋」の女将・お登勢役を女優・草刈民代が務めることが6日、同局での会見で発表された。草刈は第1話で演じた龍馬の生母・坂本幸役と瓜二つ。京都における龍馬の母親役という役どころからダブルキャストとして再出演するが、もともとお登勢役でキャスティングされていたという。「母役をもらったのは撮影間際で、初舞台の稽古も始まって無理なんじゃないかと思ったけど、“瓜二つ”という設定で話が展開していくと聞いて、やらねばならぬと思いました」と本格的にスタートさせた“女優業”への責任感をのぞかせた。

 幼少の頃に生き別れた“龍馬”の成長した姿を初めて目の当たりにした際には、「前に立っているのは福山さんというより龍馬さんって感じで、自然にお芝居させてもらいました」。世話好きな女性で尊皇攘夷の志士たちを保護していたというお登勢を演じるにあたり「器の大きい女性ってこんな人なんだろうなと思う。男の人たちの志を汲み取って協力したいと、本心でその志を理解してる人に見えることが一番大事なんじゃないかと思う」と自分なりに役柄を解釈した。

 会見が行われた寺田屋のセットにはこの日初めて足を踏み入れたといい、「(格式が)上の方の旅館と聞いたのでさすがそういう雰囲気で、立派だし重厚感があるというか。当時のイメージがかなり再現されているのではないかと思います」と目を輝かせた。

 制作統括を務める鈴木圭チーフプロデューサーは、草刈のキャスティングについて「『龍馬伝』の女性の男らしさというか骨太さを新鮮にキャスティングしたいと思ったら草刈さんがイメージにピッタリだった。イメージ以上の、男らしいかっこいい女性」と絶賛していた。

 ほかに新たな出演者として小松帯刀役に滝藤賢一、伊藤俊輔役に尾上寛之、小曽根乾堂役に本田博太郎、朝比奈昌広役に石橋凌が発表された。


★編集部が選んだ月間ニュースランキングで旬の話題をチェック!  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。