ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年04月28日 19時45分
AAAの宇野実彩子 (C)ORICON DD inc. 
(前列左から)江波戸ミロ、宇野、川野直輝、(後列左から)尾崎将也監督、鶴見辰吾、田山涼成 (C)ORICON DD inc. 

AAA宇野実彩子、「朝からルンルン」のはずが駅で転倒

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 人気グループAAAのメインボーカル・宇野実彩子が28日、都内の劇場で初主演映画『ランデブー』完成披露試写会の舞台あいさつに登壇し、「この日が来るのを楽しみにしていて、朝からルンルンだったのに、(最寄りの)駅のホームで派手に転んでしまった」と打ち明けた。スカート下に伸びる生足にはアザなどは見受けられなかったが、出鼻をくじかれ気分は若干落ち込み気味でも、壇上から客席を見渡すと「今、ハッピー。小さな出会いがいくつもつながって、この作品にも出会えた。すべての出会いに感謝したい」と話した。

 女優志望の主人公・谷山めぐる(宇野)が、落ちていた携帯電話を拾ったことがきっかけで事件に巻き込まれるサスペンスコメディ。謎の男に追いかけられ、走って逃げるシーンが多かった宇野は、「走るのは好きですが、遅い。めぐると同じように私も運動音痴なので、芝居する必要がなかった」と振り返った。都内の遊園地で行った撮影では、「ジェットコースターのレールの上を歩くシーンで、私だけ命綱をつけずにお芝居をした時は不安な思いをしたが、いい思い出になった」と振り返った。

 AAAとして歌う主題歌「As I an」については、「主題歌まで歌わせてもらい、自分の中で嬉しさと不安がいっぱいあったが、完成した作品を観てマッチしていると思えたので安心した。普段、歌っているような力強さや勢いより、素の私に近い、女の子らしいかわいい曲になっています」と胸を張った。

 この日の舞台あいさつには共演の川野直輝、江波戸ミロ、田山涼成、鶴見辰吾、尾崎将也監督が登壇。『結婚できない男』『特命係長・只野仁』『まっすぐな男』など、ドラマの脚本家として実績のある尾崎監督が初めてメガホンをとり、「演出ってどうやるの? というところから始まったが、今回はキャスティングがうまくいって、適材適所でいいお芝居していただいた。監督は何もしなくても映画はできる(笑)」とキャストに花を持たせた。

 同作のタイトル『ランデブー』とはフランス語で“出会い”“遭遇”の意味。鶴見は「俳優の仕事も作品ごとに出会って別れての繰り返し。尾崎監督の初監督作品に出会えて、今日のお客さんに出会うこともできた」とうまくまとめて、年長者の貫禄を見せていた。

 映画『ランデブー』は5月15日より全国順次公開。

【映画特集】
話題作が続々公開! 『2010年 GW映画特集』
「映画」関連インタビュー バックナンバー

話題の作品をチェック!「映画」関連ニュース記事一覧

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。