ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2010年04月20日 06時00分
(左から)加藤真輝子アナウンサー、m-floのVERBAL、バナナマンの設楽統 
(左から)加藤真輝子アナウンサー、m-floのVERBAL、バナナマンの設楽統 

バナナマン設楽、相方との“共演”要望の声を一蹴 「日村さんはいらない」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 お笑いコンビ・バナナマン設楽統らが19日、東京・六本木のテレビ朝日スタジオで自身がMCを務める新番組『さきっちょ☆』(同局系)の初回収録を行った。収録の合間のインタビューで、今後スタジオに呼びたいゲストを「可愛い女の子がいい」と答えた設楽に対して、進行役を務める同局の加藤真輝子アナウンサーは「日村(勇紀)さんに来てもらいたいです」と相方のゲスト出演を熱望。すかさず設楽は、「日村さんはいらない。大丈夫です」と一蹴してみせ、笑いを誘った。

 現在における最新情報のさらに“ちょっと先”・・・すなわち“近未来”の情報を伝えていく同番組。「3D映像のさきっちょ☆」や「居眠り防止アイテムのさきっちょ☆」など、少し先の科学技術や今後流行するかもしれないライフスタイルを幅広く取り上げていく。またアメーバの運営する仮想空間『アメーバピグ』と連動し、放送時に出演者が登場してユーザーとコミュニケーションを取るなどの企画も用意されている。

 設楽とタッグを組み、自身初のバラエティー番組MCを務めるヒップホップグループ・m-floVERBALは収録を振り返り「どうなるかと思ったけど引っ張っていただいて。最先端のものを見たりネットで調べたりするのは好きなので、こうやってみんなで共有してすごいって言っているのが楽しい」と満足げ。自身のド派手な外見とは裏腹に「ものすごく腰が低くてすげーいい人。もうちょっと悪くてもいいと思う」と設楽につぶやかれ、これには「今後の課題として・・・」と恐縮気味だった。

 また、バラエティー番組のレギュラー初出演となる加藤アナは「設楽さんにかなり助けてもらって、お2人の胸に飛び込んでやっていきたい」と初々しい表情で意気込みを語っていた。

 新番組『ちょっとだけ最先端バラエティー さきっちょ☆』は5月4日(火)深夜1時21分より放送開始。

ドラマからバラエティまでの情報が満載!「テレビ朝日」関連ニュース記事一覧


 m-flo

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。